ポルシェ車検 故障 修理 匠の技ポルシェ整備ファクトリー マリオットマーキーズ

お問い合せはこちら
ポルシェ車検修理トピックス
ポルシェ車検 ポルシェ修理はマリオットマーキーズへ

お問い合せ電話番号はこちら

ポルシェ車検 ポルシェ修理フォームはこちら

板金メールフォーム

キャンペーンバナー

ポルシェ整備 カイエン 955 冷却水漏れ修理


クーラント警告灯が点灯し、冷却水を補充すると床に冷却水が流れ出て来るとの事でご入庫頂きました。

冷却水が流れ出てくる場所がエンジンとミッションの繋ぎ目付近からという事が分かりましたので、カイエンではお約束のVバンクからの冷却水漏れが予想されました。インテークマニホールドの隙間からVバンクを覗くと対策前の樹脂製ラインパイプと冷却水溜まりが確認出来ました。

 

今回はいつものラインパイプの割れによる冷却水漏れではなく、メインパイプの刺さり口からの漏れでした。刺さり口にはゴムのOリングが付きますが、ゴム痩せ及び硬化により完全にシール性を失っている状況です。

 

こちらもいつものように対策パーツへ交換していきます。

 

ラインパイプの下にはスターターが有り、場合により分解清掃を同時に行います。冷却水が掛かった事により、組み付け完了後のスタータートラブルをなるべく回避する為です。

状態を見てスターターを交換する場合も有ります。

—————————————————
ポルシェの修理、車検整備はマリオットマーキーズへ!
https://www.porsche-seibi.jp/
tel:03-5600-2710

ポルシェ整備 カイエン 9PA エンジン不調原因


エンジン不調でご入庫頂きました、9PA型のカイエンになります。エンジンの掛かりが悪く、始動後は振動大きくチェックエンジン警告が点灯している状況でした。PIWISテスターを接続し診断を行うと、シリンダーNo5とNo6にミスファイアーが発生している事が分かりました。スパークプラグとイグニッションコイルの入れ替えテストなど各種テストを行っても現象に変化が見られない為、エンジン本体に問題が有るのではないかと考えスコープを使用して内部の確認をする事にしました。内部を覗くとすぐに異物が有るのを発見。

 

少し引いた位置で見ると、何やらリング状の物体で有る事が分かりました。見た感じは金属のようです。

 

異物が有るので、燃焼室やシリンダー壁など広範囲に見ていきます。

 

画像が逆さまで分かりにくいのですが、燃焼室のシリンフダーヘッド部分です。右側円形部分が何やら怪しいと感じます。

 

バルブをストロークさせたところ、!バルブのシートリングが無くなっています。これで全ての謎が解明されました。

 

異物の正体は外れたシートリングの残骸でした。シートリングが無い為に密閉が保たれず、燃焼が出来なくなっている状況でした。いわゆる、圧縮漏れの症状です。珍しい事例にはなりますがもしかしたらこれから増えてくるのかもしれません。カイエンのエンジン不調でお悩みのオーナー様、一度マーキーズで診断いかがでしょうか。

—————————————————
ポルシェの修理、車検整備はマリオットマーキーズへ!
https://www.porsche-seibi.jp/
tel:03-5600-2710

ポルシェ整備 カイエン 957 92A 冷却水漏れ修理


8月に入りました。お盆まで忙しい日が続きます・・・・・・。

 

さて今回はカイエンです。走行中に冷却水ランプが点灯し、エンジンルームから蒸気が立ち上ってきたとの事で緊急入庫となりました。状況確認の為に冷却水を補充する事から始めますが、補充した途端に地面へ冷却水が垂れてきます。エンジンルームを見渡しても冷却水が漏れてくる箇所が見当たりません。再度、冷却水を注いで漏れ出てくる音を頼りに原因箇所を探っていきます。ある程度絞り込みが出来たところで、部品の取り外しを開始し、ようやく原因箇所を突き止めました。

やはりラインホースが抜けて・・・・・・・・・??

いや、パイプが抜けています・・・・・・・・。

 

ゴムホースの先端に短いパイプが付いているのがお分かりになりますでしょうか。本来はアルミ製のハウジングに刺さっていなければならない部品です。そのパイプにゴムホースを差し込むので、外れてはいけないパイプのはずが、水圧に負けて抜けたものと思われます。

 

原因箇所はエンジンの一番奥の位置になります。ここまで分解してようやく見えてくる場所です。抜けたパイプを付け直しても再発する恐れがある為、アルミハウジングごと新しくする事を選択し交換作業となりました。

 

画像手前にスターターモーターがいます。その先端を覆いかぶさるように横長のハウジングが有りますが、これが交換となる部品です。中は空洞となっており、冷却水の通路として各方面にバイパスをする役割をしています。

 

ハウジングの取り付けが完了し、抜けたパイプを取り除いたラインホースを接続します。

 

入荷したアルミハウジングを見てみますと、ホース接続パイプはネジが切ってある締め込みタイプへと変更されていました。これならば抜けてしまう事は有りません。改良型になっているという事は同じような事例がいくつもメーカーに報告されていると考えられます。ポルシェは沢山の国で販売されていますので、世界中から情報が集まってくる訳ですね。

マーキーズは13日~15日まで夏季休業となります。お知らせまで。

ではまた次回です。

—————————————————
ポルシェの修理、車検整備はマリオットマーキーズへ!
https://www.porsche-seibi.jp/
tel:03-5600-2710

ポルシェ整備 カイエン 9PA 955 カルダンシャフト


夜の寒さも和らいできました。ポルシェにとってはベストな季節となっていますので、しっかりとメンテナンスをしてポルシェを楽しんで頂きたいと思っています。

さて本題です。未だに9PA、955型カイエンの定番として修理が絶えないカルダンシャフトになります。経験された方は勿論お分かりかと思いますが、あの音は本当に驚きますよね!

 

この状態でシャフトが暴れるように回転するのですから、想像も出来るかと思います。音だけでなく、車体に振動として「ゴトゴト」と響きますので、直観的に「壊れた」という意識が芽生え、走行をためらってしまいます。面白いのは、低速では音も振動も出ない事が多い点です。ある程度の速度に達すると突然に音と振動が発生しますのでこれが恐怖を倍増させます。

 

近づいて撮影してみますと、捥がれるように切れています。

 

こちらもかなりの状態です。

 

また、カルダンシャフトの両端には厚みの有るこんなに大きなフランジゴムと接続されますが、ヒビ割れが発生するほどの(劣化や硬化が進んでいるとも考えられますが)力が掛かっている訳ですから、シャフト途中のゴムが捥がれても不思議は有りません。

 

突然に発生する事が多く、防ぎようが無い故障と言えますが、定期的に点検を行う事で早期発見が出来る事も有ります。こういった意味でもポルシェの整備は事例を熟知している専門店に任せる事がトラブルを防ぐ最大の予防となります。

 

ではまた次回です。

—————————————————
ポルシェの修理、車検整備はマリオットマーキーズへ!
https://www.porsche-seibi.jp/
tel:03-5600-2710

ポルシェ整備 カイエン 異音修理


今日は寒さが和らぎ、暖かい一日となりました。昨晩、スカイツリーの前を通りましたら「河津桜」が咲いており、いよいよ春の訪れを感じてきました。

さて今回はカイエンです。走行中に異音がするという事でご入庫頂きました。特にアクセルを開けて加速しようとすると非常に大きな音と振動が発生するとの事でした。ここでカイエンオーナーですとピーンくる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

IMG_4384

 

そうです。これです。異音と振動の原因はこのカルダンシャフトでした。カルダンシャフトはトランスファーとリヤデファレンシャルを繋ぐシャフトですね。長いシャフトですので、途中に中継点を設け色々な状況に対応出来るように構成されています。その中継点はゴムのダンパーで衝撃を吸収していますが、画像のように切れてしまうとシャフトが暴れて異音と振動をもたらします。回転が急激に変わる加速時に最もシャフトが暴れる事になります。

IMG_4386

 

カルダンシャフトを交換し走行テストを実施すると、すっかりと症状は無くなりました。かなりいい音がするので怖い思いをされたと思います。完全に切れてしまう前に定期的にチェックをしておけば防げたはずです。これはまだまだ続く事例になりますね。

その他にも四駆インジケーターが点灯してしまうとの事で同時に診断を進めて行きました。PIWISテスターにて故障コードの入力を確認し調べて行くと、トランスファーに取り付けられるデフロックモーターが故障している事が分かりました。こちらもそれなりに多くなって来た事例になります。

IMG_4387

 

このカイエンは異音と振動、インジケーター点灯が同時に改善されオーナーの元へと戻って行きました。デビューして10年以上経過しましたのでさすがにタフなカイエンも色々と故障が発生してきていますので少しの異変でも専門店で見てもらいましょう、また定期的な点検をお忘れなく・・・・・・・。

ではまた次回です。

———————————————————
ポルシェの修理、車検整備はマリオットマーキーズへ!
https://www.porsche-seibi.jp/
tel:03-5600-2710

ポルシェ整備 カイエン 9PA エンジンマウント交換


12月キャンペーンですが、多くのお問い合わせ有難うございます。不安に感じていらっしゃる方がこんなにも多いいのかと改めて思いました。ご予約の枠はまだ空きが残っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい!

今回もカイエンです。2008年モデルからデザインが変更され「フェイスリフト」と呼ばれました。2007年から登場したデザインですが、フレームナンバーは2008年の表示がされていました。

IMG_3980

 

点検を進めて行く中で気が付いたのが、エンジンマウントの潰れでした。丈夫なイメージのカイエンも経年や走行距離により傷みが目につくようになりました。取り寄せした新品部品と並べると、随分潰れているのが分かります。V8エンジンの場合、エンジン上部にも振動を抑制するアームが右側に付いていますが、あくまでもメインはエンジンの重量を支えているこちらのマウントです。エンジンマウントを交換すると振動を抑えるのはもとより、アクセルのつきが良くなったりと、全体的に調子が良くなったように感じられます。

IMG_3977

 

マウントの取り付け部分です。マウントからボルトが生えている造りになっていますので、取り外しにはかなりの空間を作ってあげないと交換が出来ません。

IMG_3978

 

交換部品として供給されるアフターパーツには何の知らせも無く変更や改善されている事が多く、入荷した部品を良く観察するのもメカニックとしては重要な仕事の1つと私は考えています。こうした意識を持つかどうかで技術力にも大きな影響を及ぼすのだと思います。

IMG_3975

 

マーキーズのメカニックはこうした意識を一人一人が持ち日々の向上を目指していますので、幅広い整備技術や新しいアイデアの発想が可能となっています。

 

ではまた次回です。

———————————————————
ポルシェの修理、車検整備はマリオットマーキーズへ!
https://www.porsche-seibi.jp/
tel:03-5600-2710

ポルシェ整備 カイエン 9PA ヘッドライトハーネス


今日は雪が降り、大変寒い一日となりました。朝起きて、外を見た時に「とうとう来たか~」と防寒のアンダーウェアーを迷わず着込み、出勤をしました。

今回もカイエンです。車検点検整備でご入庫頂きましたが、ヘッドライトが時々点灯しない時が有るとの事で、各所点検を行っていきました。車載工具にもなっていますが、道具を使用してヘッドライトのロックを解除するとライトがアッセンブリで外れます。画像の紫色をしたコネクターの少し奥側に、本来で有れば白いコネクターが固定されているはずですが、ベース側が壊れてしまっている為に固定が困難な状況になっています。また、紫色のコネクターの前には、なにやらカラフルな細かい物体が散らばっていました。

IMG_4433

 

紫色のコネクターに接続される側がこちらです。白いコネクターが本来は車輌側に固定されていなければなりませんが、ベース側が破損している為に直接ヘッドライトにさしてから車輌にヘッドライトを取り付けて有る事が分かりました。ですがさほど問題は有りません。

IMG_4434

 

問題はこの短いハーネスです。配線を良く見てみますと、内部の銅線がむき出し状態になっていました。銅線をカバーする為の表面が硬化して砕けています。これがカラフルに散らばっていた物体の原因です。これは非常に危険な状態とも言えます。このまま進行し、銅線どうしが接触をするとショートを招き様々な故障へと繋がります。

IMG_4436

この部分だけで部品の設定が有りますので、左右ワイヤーハーネス交換を行いました。元々の症状には直接関係は無く、原因では有りませんが点検をして行く中でこうした不具合の発生箇所が見つかります。

やはり、定期的にプロのメカニックに見てもらう事は重要な事です。未来の大きなトラブルとなる種をこの様に摘んで行くのが私達の仕事でも有ります。

ではまた次回です。

———————————————————
ポルシェの修理、車検整備はマリオットマーキーズへ!
https://www.porsche-seibi.jp/
tel:03-5600-2710

ポルシェ整備 カイエン トランスファー交換


暖かくなってまいりましたね!ようやくコートを脱ぎました。これから、いい季節になりますね!!

 

今回はカイエンです。走行中に「ギギギ」「ガキガキ」と下廻りから異音が出るとの事でご入庫頂きました。走行テストを行うと確かに症状が出ています。リフトアップを行い、まずは目視点検。何か外れていないか、干渉が無いか症状が出ている時をイメージしながら点検をして行きます。見る限りでは問題箇所は見当たりません。そこで、走行状態を作っての点検を実施します。リフトアップしながら、ギヤを入れホイールを回転させたり、ブレーキングを再現したりしてみますと、かなり大きな音が聞こえてきました。音の出所を探っていきますと、駆動を前後に振り分けるトランスファーの内部から聞こえて来る事が判明しました。

音の感じからして、トランスファーを分解して修理するよりもアッセンブリ―で交換してしまった方が修理時間が短くその後のメリットも高いと考え、載せ換えを判断しました。トランスファーが外された状態が下の画像です。

IMG_7245

 

こちらはトランスミッションの最後部になります。ここにトランスファーが接続され、右側のシャフトで前輪方向へ駆動を伝え、後方へはカルダンシャフトにて駆動を伝達します。

IMG_7246

 

取り外されたトランスファーです。こちらを見て頂ければ、前後に振り分けるイメージがつくかと思います。

IMG_7250

 

トランスファー内部には、左右の駆動伝達をさせる時と同様にデファレンシャルが搭載されています。そのデファレンシャルの機能をコントロールしているのが、画像中央にあるロッキングモーターです。今回の症状はこのモーターが作動した時に出ていましたので、内部デファレンシャルが破損しているか、ギヤ関連に損傷が有るのか想像出来ました。また、破損した部品が内部に傷や損傷を広げていると考え、アッセンブリ―の交換を判断しました。

IMG_7251

人間と一緒です。体に異変が出たら医者に行くと直りも早いですが、放っておくと他も悪くなってきます。異変に気づいたら、マーキーズに直ぐ見せに来て下さい。走行不能になってからでは遅いですよ!

ではまた次回です。

———————————————————
ポルシェの修理、車検整備はマリオットマーキーズへ!
https://www.porsche-seibi.jp/
tel:03-5600-2710

ポルシェ整備 カイエンターボ V8 下廻り損傷


さあ、いよいよ桜が咲きますよ!!

前回に引き続きカイエンです。車両はV8ターボ車になります。連休中に出かけた先の山中で道に迷ってしまい、誤って下った坂でかなり下廻りをぶつけてしまったそうです。その後ハンドル位置がズレてしまいメーターにはPSMのインジケーターが点灯してしまったとの事でご入庫頂きました。早速、車両をリフトアップして点検を行いますと車両前方から後方までメンバーやアーム類を数多くぶつけてしまっている事がわかりました。

IMG_1572

こちらは右リヤアームの付け根になります。偏心したボルトが付いている箇所ですのでアライメント調整箇所になります。

IMG_1573

 

これはミッション下のクロスメンバーです。かなりぶつけていますが、ミッションには損傷はありませんでした。

IMG_1576

 

続いてはフロント側に移ります。部位は左前方です。サイドメンバーとスタビライザーを激しくヒットしています。かなりの衝撃があったと推測できます。

IMG_1577

 

エンジンとミッション下のアンダーカバーもやはり激しくヒットした痕跡が・・・・・・・・・・・・・。

IMG_1578

 

左前方のアーム付け根にもヒットした跡がありました。右後ろ同様に偏心ボルトが付いている箇所です。よく見るとわずかにアームをねじる方向に傾いてしまっていました。右後ろも同じように曲がっていましたのでハンドル位置がズレた原因はここにあります。ハンドルのセンター位置をPSMコントロールユニットはモニターしていますので、直進しているのにハンドル軸がズレているためにセンサーの故障と認識し、インジケーターを点灯させていました。

IMG_1579

 

車両の重要なシャーシーの一部であるメンバー類と損傷しているアームは交換を行い、アライメント調整とハンドル位置のキャリブレーションを実施して、全ての症状は改善されました。

 

ではまた次回です。

———————————————————
ポルシェの修理、車検整備はマリオットマーキーズへ!
https://www.porsche-seibi.jp/
tel:03-5600-2710

ポルシェ整備 カイエン V8エンジン 冷却水漏れ修理


そろそろ桜も咲きますね。毎年、隅田川を浅草あたりからゆっくり歩いて、夜桜を見るのが楽しみなんです。

 

さて今回はカイエンです。まだまだ見かける事例になりますが、V8エンジンの冷却水漏れです。Vバンクに有る冷却水のラインパイプから突然「ジャブジャブ」と冷却水が出てきてしまう、非常に困る症状です。原因のパイプまでアクセスするのは中々簡単ではありません。沢山の補器類を外してようやく辿り付き、取り外した部品が下の画像です。

DSC_4639

 

新車時は樹脂で出来たものが使用されていましたが、現在供給される部品はアルミ製となり、対策がされています。

DSC_4661

 

こちらが原因の部品です。ぼっきり折れています。樹脂が硬化してしまい、しなやかさが無くなるとこのように折れたり、砕けたりしてしまいます。アルミの対策品にも「逃がし」の為に一部にゴムホースを使用します。

DSC_4640

 

こちらは原因箇所の部品を外す前になります。

DSC_4637

 

で、これが対策品を組み込み始めた状態。

DSC_4662

 

全て組み込むとこうなります。なんだか見た目もいいですよね!ただこれ、補器類を付けて元の状態に戻すと、な~んにも見えなくなっちゃうんですけどね!もったいない・・・・・。

DSC_4663

 

ポルシェメカの悦の時間は短く、はかないものなり・・・・・・・・・・・・・・。

 

ではまた次回です。

———————————————————
ポルシェの修理、車検整備はマリオットマーキーズへ!
https://www.porsche-seibi.jp/
tel:03-5600-2710


  • ポルシェ車検 修理はマリオットマーキーズへ!
  • ポルシェスタッフブログ
  • ポルシェ整備入庫トピックス
  • ポルシェオーバーホール
  • ポルシェ水冷エンジン異音

  • マリオットマーキーズ スポンサード レースインフォメーション
  • カスタムスタイリングmaqspeed(マックスピード)
  • ポルシェ個人売買向けウェルカムメンテナンス
  • マリオットマーキーズ スタッフ募集!
  • ポルシェ並行車の車検修理整備も可能
  • レンタカーサービス
  • ツイッター
  • フェイスブック
  • ■BOSCH Car Service
    (BCS)認定ディーラー
  • ■外国自動車輸入協同組合(Faia)
    正規ディーラー 指定工場
  • ■国土交通省
    関東陸運支局認証工場
    第1-10912号 / 第1-11940号
  • ■古物商許可番号
    307739702610
  • ■走行メーター
    管理システム導入店
  • ■財団法人
    日本自動車査定協会
    査定業務実施店
  • ■社団法人
    日本自動車公正取引協議会加盟店


ポルシェ整備相談メールフォーム