ポルシェ車検 故障 修理 匠の技ポルシェ整備ファクトリー マリオットマーキーズ

お問い合せはこちら
ポルシェ車検修理トピックス

板金メールフォーム

キャンペーンバナー

ポルシェ911 993 タペット カバー オイル漏れ 点検 修理

マリオットマーキーズポルシェ整備ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日ご紹介する整備ポルシェ993のオイル漏れ修理です。

ポルシェ964の後継モデルとなるポルシェ993型は発売から30年が経とうとしていますが、空冷エンジン最後のモデルということもあり、まだまだ人気のある車種です。

法定12ヶ月点検でお預かりさせていただいた車両で、点検項目を進めていくとエンジン左のタペットカバーよりエンジンオイルが漏れていることがわかりました。

ポルシェ993オイル漏れ故障修理

ポルシェ993は水平対向6気筒エンジンですので、タペットカバーは左右に付いています。
さらに左右でアッパー、ロアに分かれており、今回は左ロア側のタペットカバーのみオイル漏れが確認できました。

ポルシェ993オイル漏れ故障修理

このようにヘッドカバーの下にはエキゾーストパイプがあり、漏れたオイルがエキゾースト部に垂れてとても危険な状態です。
オイルが焼けて焦げた臭いがしたり、最悪の場合は車両火災にもなり兼ねません。

993はタペットカバーの他にもチェーンケースカバーからエンジンオイルがよく漏れるのですが、この車両は問題ありませんでした。

お客様にご説明させていただき、今回は左ロアのタペットカバーの交換作業を行います。

ポルシェ993オイル漏れ故障修理

プラグコードを外し、タペットカバーのボルトを外していきます。スペースが狭いので工具が入りづらいです。

ポルシェ993オイル漏れ故障修理

こちらがタペットカバーです。

ポルシェ993オイル漏れ故障修理

ガスケットの取り付け面を綺麗に清掃し慎重に取り付けました。

最後にマフラーに付着したオイルを清掃し、試運転を行って問題がありませんでしたので作業完了となりました。

ポルシェ993のような年式の車種でも定期的にメンテナンスを行うことで、まだまだ楽しく乗ることができますので、何かあればぜひ弊社へご相談ください。

ポルシェ パナメーラ(970) エアコン効かない 冷風が出ない 点検 修理

マリオットマーキーズ整備ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回はポルシェ970パナメーラ エアコン効かない(冷風が出ない)とのご依頼です。

まずは症状確認から行います。
エアコンからの冷風が出ないとの事ですのでまずはガスの圧力から点検していきます。

高圧、低圧共に数値的に低い値でした。コンプレッサーが作動する最低圧力までガスを足していきます。
コンプレッサーが作動し、マニホールドゲージで圧力の確認を行い冷風が出るようになったのでA/Cコンプレッサーは問題ありません。

ヒーターバルブの動きにも問題ありませんでした。
次に漏れの確認を行う為に蛍光剤を入れガス漏れの点検を行います。
蛍光剤はUVライトに反応して漏れ箇所の特定をしやすくしてくれます。

今回はコンデンサーから漏れているのが確認できました。お客様へ説明しご納得頂けたので作業を行なっていきます。

パナメーラ エアコン 点検 修理

パナメーラのコンデンサー交換ではバンパーを外さないと交換出来ないのでまずはバンパーを外す準備から行っていきます。
フロントタイヤを外し、ヘッドライトを外します。
バンパーを外さないと交換できないものが多いのでフロントバンパーを外すのはすごく簡単な構造になってます。

パナメーラ エアコン 点検 修理

次にコンデンサーへアクセスする為にエアクリーナーboxやフロントキャリア、シュラウド等外します。

パナメーラ エアコン 点検 修理

フロント周りの補強などを外していくとラジエーター等を取り付けるフレームが完全に外れる様な構造なので落ちない様に支えながらコンデンサーを交換していきます。

パナメーラ エアコン 点検 修理

外れたコンデンサーと新品のコンデンサーを比べると明らかに漏れているのがわかります。

パナメーラ エアコン 点検 修理

あとは逆の手順で戻していき、真空引きをしてガスを規定量まで補充し、冷えることが確認できたら作業完了となります。
今回の様な症状は色々な車両に共通しています。
冷風が出なくなってからでは体調などにも影響が出てきてしまい思わぬ事故につながる可能性もありますので、少しでも効きが悪いなと感じることがありましたらまずは弊社へご相談して頂ければと思います。

ポルシェ カイエン(957) ドアロック 故障 点検修理

ポルシェ整備ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日の整備はポルシェ957カイエンのドアロック修理です。
運転席のドアが開かない時があるということでご入庫いただきました。

早速症状を確認すると、ロックが解除されているのに内側、外側のどちらからもドアが開けられない状態になることがありました。
957型カイエンに限らず、カイエンはドアロックアクチュエーターが故障しやすいので、まずはそこを疑って点検を進めていきます。

カイエン ドアロック修理

診断機を接続して故障コードを確認すると、ドアロックアクチュエーターの故障メモリーが入力されていました。
診断機でドア操作時のステータスに問題はありませんでしたが、モーターが作動しない時があり、ドアが開けられない状態になっていました。

カイエン ドアロック修理

ドアロックアクチュエーターまでのワイヤーなどに問題がないかドアトリムを外して確認したところ問題がありませんでしたので、ドアロックアクチュエーター本体の故障と判断し、お客様にご説明させていただき交換となりました。

早速交換していきます。

カイエン ドアロック修理

957カイエンはドアロックアクチュエーターを交換するのにドアの枠ごと取り外す必要がある為、2人掛りで作業を行います。

カイエン ドアロック修理

カイエン ドアロック修理

パワーウィンドウのレギュレーターなど、ほとんどがリベットで固定されてるので
この通り一体で外れるように設計されています。

カイエン ドアロック修理

これがドアロックアクチュエーターです。

カイエン ドアロック修理

交換を行い、慎重にドアを戻していきます。

あとは逆の手順で戻していき、ドアロックの作動を確認して問題がありませんでしたので、
作業完了となります。

ドアロックが完全に故障してしまうと、ドアを全く開けられなくなってしまうので最悪の場合、ドアトリムやインシュレーターなどを破壊しなくてはいけなくなる為、修理に多くの費用がかかってしまいます。
ですのでドアロックの一時的な故障であっても早めの修理をおすすめします。

ポルシェ911 991型 車検整備

マリオットマーキーズポルシェ整備ブログをご覧頂きありがとうございます。

今回はポルシェ911の991型、車検整備でご入庫いただきました。
弊社では996、997等のお客様が多いのですがここ数年でだいぶ991や992に乗られている方にご入庫して頂く事が増えてきました。

まず車検整備に必要な箇所の点検を行います。
車検を受けるにあたって灯火や足回りのブーツ、ブッシュ切れ等保安基準に適合しているかどうか確認していきます。

今回の車両は特に灯火や足回り、外装など保安基準不適合箇所はありませんでした。
エンジン周りを見ていくとオイル漏れはありませんでしたが冷却水漏れがありました。
その他はブレーキパッド、ローターの摩耗がありましたのでご提案し御了承頂けましたので作業に入ります。

まずブレーキパッド、ローターなどの作業を行い次に冷却水漏れなどの作業を行います。
991はリアフードを開けただけではエンジンルームをほとんど見る事ができません。
ですのでコンパーメントファンやリアウイング等を外しリアバンパーを外す作業をします。

ポルシェは外す前提で作られているものは全て外しやすい様になっています。
しかしボルトの本数はかなり多いのでわからなくならないように作業します。

ここまでくるとエンジンも丸見えなので作業がしやすくなります。
エンジン中央部に見えるのがエアクリーナーBOXになります。

水漏れ修理と同時にエンジンオイル交換も行います。
冷却水ホース繋ぎ目からの水漏れでしたのでホース一体で交換します。
同時にオイルフィルターを交換して逆の手順で組み上げます。

オイルを入れ、冷却水のエア抜きも行いオーバーヒートしないか等確認をする為試運転を行います。
特にポルシェ911は冷却水のエアかなかなか抜けず、結果オーバーヒートしやすい車両なのでエア抜きは慎重に行います。

もう一つ気をつけなければいけない所としてエンジンオイルレベルです。
量に対してかなりシビアなので微調整しながら規定値に合わせていきます。

全ての作業で問題ありませんでしたので作業完了となります。
車の調子は悪くないけど、自分の車のコンディションはどうなんだろう…など車の事で少しでも気になる場合は是非弊社にご相談ください。

ポルシェ 958 カイエン V8 ターボチャージャー無 冷却水漏れ 点検

マリオットマーキーズポルシェ整備ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日紹介する整備はポルシェ958カイエンの冷却水漏れ修理です。
冷却水不足の警告灯が点灯したということでご入庫されました。

早速点検していきます。
まずボンネットを開けてクーラントタンク内の水量を確認すると、

この通りかなり冷却水が減っているのがわかります。
次はどこからクーラントが漏れているかリークテスターを使用して特定していきます。

上から見る限りでは、定番のウォーターポンプやクーラントタンクからの漏れはありませんでしたので、車両をリフトアップして下側から確認を行うと、V8エンジンのVバンクあたりからミッションのハウジングへ冷却水が垂れてきているのがわかりました。
ということはインテークマニホールド下のVバンク内にあるクーラントパイプが怪しいです。

ホースにアクセスするにはインマニを取り外す必要があります。
V型エンジンですので、エンジン中央にインマニがあります。

やはりVバンクのパイプからクーラントが漏れていました。このクーラントパイプなのですが、樹脂製の為、エンジンの熱で劣化してクーラント漏れを起こすことが多いです。
ひどい時はパイプ自体が折れてしまっている車両もありました。

他に漏れている箇所がなかったので、今回はこのクーラントパイプとインマニガスケットの交換を行いました。インマニガスケットは再使用すると2次エアを吸う原因となります。

交換後は逆の手順で組み付け、テストを行い問題がありませんでしたので作業完了となりました。

これから季節気温が暖かくなると思いますが、クーラント漏れなどが起きるとエンジンを正常に冷却することができなくなってしまう為、その状態で放置してしまうとエンジンオーバーヒートを起こしやすいです。
定期的な点検をおすすめします。弊社ではシーズンチェックなどの点検も承っておりますので、気になる方はぜひご相談ください。

ポルシェ 911 997型 フューエルポンプ 燃料漏れ ガソリンにおい 点検 修理

マリオットマーキーズポルシェ整備ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日紹介するのはポルシェ911 997型です。

車両の前側からガソリンの臭いがするということでご入庫いただきました。

早速点検を行うと、たしかに車両前側からガソリンの臭いがしています。

997は前側のトランクルーム内に燃料タンクとフューエルポンプがあるのでガソリン漏れなどが疑われます。

もしガソリン漏れなどがある場合は車両火災にもなりかねないので早期修理が必要です。

カバーとバッテリーを外すと燃料タンクとフューエルポンプが見えました。

するとポンプの一部が湿っていて、よくみると小さなクラックを確認できました。

ここから少量のガソリンが漏れており、臭いの原因になっていました。

ポルシェに限らず、フューエルポンプは樹脂製のため年数が経過すると劣化により、今回のようなことが事例が起きるのは少なくありません。

他、燃料ホースなどに漏れは見られなかったので、お客様にご説明させていただきフューエルポンプの交換を行いました。

新旧比べると劣化具合がわかりますね。

交換後はガソリンを満タンに入れて、タンクとポンプの間からガソリン漏れがないかとフュールエルレベルの表示の確認を行い、問題がありませんでしたので作業完了となります。
ガソリンの臭いも改善されました。

今回はフューエルポンプからの燃料漏れでしたが、年数が経過した車両ですと燃料漏れが起きる原因は他にも多数ありますので、定期的に点検を行うことをおすすめします。
その際は、ぜひ弊社へお問い合わせください。

ポルシェ パナメーラ(V8) オイル漏れ 修理

マリオットマーキーズポルシェ整備ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回はボンネットから焦げ臭い匂いがするとのご依頼です。

まずは症状の確認から行います。

工場に入庫されてから既にオイルが焦げた匂いがしておりボンネットを開けると、うっすら煙がみえました。

V8エンジンですので両バンクのオイル漏れを確認します。
今回は両バンクのヘッドカバーからのオイル漏れが原因でその下にあるエキゾーストマニホールドにオイルが垂れ、焦げ臭い匂いが発生していました。
原因が特定でき、両バンクヘッドカバーガスケット交換でお見積もりさせていただき、お客様にご納得頂いたので作業を進めていきます。

パナメーラのエンジンルームは一見広く見えますが、その分エンジンも大きいので何気に作業は大変です。
イグニッションコイルやヘッドカバーを外すのに邪魔になる配線等を外していきます。

特にヘッドカバーの奥、一番下側のボルトが外しにくく落としやすいのですが、何度も外した経験があるので適切な工具を使用しサラッと外していきます。

このエンジンではアルミボルトが数多く使用されており、オイル漏れの原因の一つとしてはボルトが折れて漏れてしまっている車両もあります。
ですのでアルミボルトを使用している車両は基本的にボルトも交換する様になっています。(メーカーによっては塑性域(そせいいき)締め付けを行う為交換する事もあります)

今回はガスケットがかなり硬化していました。ガスケットを交換し元に戻していきます。

組み上げが終わりましたら走行テストを行い、漏れがないことを確認し作業完了となります。

今回の様なオイル漏れの原因は熱がかかりエンジンオイルにさらされているゴム部品が硬化してしまい、どうしてもオイル漏れが発生してしまいます。

年式が古い車両はヘッドカバーが歪みオイルが漏れている車両もあります。
オイル漏れ以外でもお車の事で気になる様な事がございましたら、作業実績豊富な弊社にご相談して頂ければと思います。

ポルシェ 987 ケイマン 白煙 点検 修理

マリオットマーキーズポルシェ整備ブログをご覧いただきありがとうございます
今回のブログはポルシェ987ケイマンのエンジン始動時に白煙が出るとのご依頼です。

まずは症状確認から・・・
お客様曰く朝一にエンジンをかけた時白煙が出るとの事で、お車をお預かりし次の日にエンジンを始動してみます。

モクモクと白煙が出てきたのを確認できました。
考えられる原因を挙げていきます。

エンジンオイルの入れ過ぎ
バルブステムシールの劣化
ブローバイセパレーターの詰まり
ピストンリングやシリンダーの摩耗

などなどが考えられます。

エンジンオイルの量は適正量でした。
エンジンオイルがかなり減るという事もない様なのでステムシール等機関の問題も無さそうです。

個体差は有ると思いますがポルシェは1000kmで約1リッター程のオイルを消費すると言われています。
次に考えられるブローバイセパレーターですがきちんと機能していればブローバイガスとオイルを分け、ガスはインテークマニホールドへ、オイルはオイルパンへと分けてくれます。

987ケイマンのエンジンへアクセスする場合リアフードを開け、ガラス下の遮音カバー等を外します。

それを確かめる為インテークパイプを外し中を覗きます。

結構オイルが溜まっていました。
ブローバイホースの中にもオイルが溜まっておりブローバイセパレーターがきちんと機能していない事がわかりました。

お客様に説明を行い、納得していただけたのでセパレーター交換、接続ホース交換、吸気系の清掃を行います。
点検時にパイプ類を外しているのでセパレーター交換に取り掛かります。
987、986系は911系とはエンジンの向きが逆に搭載されているのでセパレーターは手前右側にあります。
狭いですがこの場合エンジンを降ろさずに作業する事が可能です。
セパレーターを外しブローバイホースを交換していきます。

吸気系の清掃も行い逆の手順で組み上げていきます。
お客様の依頼でエンジンオイル交換も有りましたので交換させて頂きました。

作業後エンジンをかけましたが交換後すぐでしたので白煙が出ましたがその日は試運転等を行い外した部分の不備が無いかどうか確認を行いました。

次の日エンジンを始動したところ少し白煙は出ましたが最初より確実に少なくなりました。
また時間を置いて始動してみると全く白煙が出なくなりましたので作業完了となります。

今回のような白煙が出るという症状は様々な原因があります。

輸入車は国産車に比べオイルの減りが早いのでオイルレベル低下の警告灯が出た等有りましたら是非定期点検など弊社にお任せください。

ポルシェ 911 (997型) パワステ 異音 点検 修理

マリオットマーキーズポルシェ整備スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

本日の整備はポルシェ911 997型のパワステ異音修理です。

ハンドルを回した際にギィギィーなどの音がするということでご入庫いただきました。

まずは症状の確認です。エンジン始動状態でハンドルを回すとギィー、ヴィーといったとても大きい音が鳴るので経験上、音の感じからパワーステアリングポンプが怪しいと思いました。

ポルシェ997のパワーステアリングには油圧式が使用されており、ベルトでポンプを駆動しその油圧でステアリング操作を補助しています。エンジンフードを開けて異音を確認するとやはりパワステポンプから音がしていたので、次にタンク内のパワステオイル量を点検するとパワステオイルがほとんど入ってない状態でした。

タンク内のオイル量が減ってしまうとエアーが噛み込んでパワステポンプからうなり音が鳴るのですが今回の997も同じことが起きていました。
ここからはタンク内のパワステオイルが減ってしまった原因としてパワステオイル漏れが疑えるので、車両をリフトアップして点検していきます。
パワステポンプや各パイプは問題ありませんでしたが、ハンドルの回転を伝えるパワーステアリングラック(ギアボックスとも言います。)から大量のオイルが漏れていました。

アンダーカバーもびしょびしょになっています。

このオイル漏れが原因でパワステオイルが減り、ポンプから異音が鳴っていました。
このような場合、パワステポンプも故障してしまっていることが多いのですが、幸い今回はポンプに問題はありませんでしたので、お客様にご説明させていただきパワーステアリングラックの交換を行います。
ステアリングラックの交換は大変で、タイロッドエンドを外しメンバーを下げなければ交換することができません。ステアリングラックを外した後、ラックブーツを外してみると大量のオイルが出てきました。

この量の漏れですとオイルを足してもすぐにタンク内が空になってしまいそうです。

新しいステアリングラックを取り付け、最後にタイロッドエンドを脱着しているのでアライメントの調整を行い、オイル漏れや異音がないことを確認して問題がありませんでしたので作業完了となります。

今回のようにステアリングラックからオイル漏れが起きる事例は多く、ポルシェ997だけでなくケイマンやボクスターの987型でも同じステアリングラックが使用されています。
パワステオイルが規定量以下の状態で走行して今回のような症状を放置しているとパワステポンプ本体の故障にも繋がります。

似たような症状がある方や気になることがある方はまず弊社へご相談いただければと思います。

ポルシェ 911 996 水漏れ 修理

マリオットマーキーズポルシェ整備ブログをご覧いただきありがとうございます。
本日の整備はポルシェ911 996型(NAエンジン)の水漏れ修理です。

メーターに冷却水不足の警告表示が出たということで入庫されました。

さっそく点検していきます。冷却水不足の警告灯が出たということですので、まず冷却水タンク内のクーラント量を確認しますが、タンクにクーラントがほとんど入っていない状態でした。

クーラントタンクのレベルセンサーが故障して警告が出る場合も多いのですが、今回はエンジンの冷却水が漏れてタンク内の水量が減ったということで間違いありません。

次はどこからクーラント漏れが起きているかを点検します。エンジンルーム内のホース類に漏れはなさそうなのでリフトアップして下廻りを点検すると、クーラントが垂れた跡があり、跡をたどるとオイルセパレーターからすごい量のクーラント漏れが確認できました。

このクーラント漏れが原因でクーラントタンク内のクーラントが減り、クーラントレベルがLowを下回ったことで冷却水不足の警告表示が出ていました。

ポルシェ996ではセパレーターからクーラントが漏れることが多く、セパレーターはエンジンの奥まったところに取り付けられているため交換にはエンジンを脱着しての作業となりとても時間がかかります。

お客様にご説明させていただき、今回はオイルセパレーター、セパレーター廻りのホース、劣化している冷却水タンクの交換を行います。

セパレーターの交換はエンジンを脱着するためエアコンパイプ、水廻りのホース、ドライブシャフトなどその他補機類を取り外し、エンジンを車体から切り離していきます。

慎重に交換作業を行ってエンジンを車載し、水廻りのホース、その他補機類を取り付け後、リークテスターを使用してクーラント回路に水漏れがないことを確認します。
最後に走行テストを行い問題がありませんでしたので作業完了となります。

ポルシェ996はエンジンが車体後部にありレイアウト上、走行風が当たりづらいためエンジンの冷却には冷却水が大事になります。
なのでこのようなクーラント漏れを放置しているとエンジンオーバーヒートを起こします。

最悪エンジン本体の故障につながるので早期修理が大切です。実際に弊社でもエンジンのヘッドガスケットが抜けた車両を何台も確認しています。
今回はオイルセパレーターからの漏れでしたが、クーラント漏れを起こす箇所は他にも沢山ありますので、何か気になることがありましたら弊社にご相談ください。

  • ■BOSCH Car Service
    (BCS)認定ディーラー
  • ■外国自動車輸入協同組合(Faia)
    正規ディーラー 指定工場
  • ■国土交通省
    関東陸運支局認証工場
    第1-10912号 / 第1-11940号
  • ■古物商許可番号
    307739702610
  • ■走行メーター
    管理システム導入店
  • ■財団法人
    日本自動車査定協会
    査定業務実施店
  • ■社団法人
    日本自動車公正取引協議会加盟店

ポルシェ整備相談メールフォーム