ポルシェ車検 故障 修理 匠の技ポルシェ整備ファクトリー マリオットマーキーズ

お問い合せはこちら
  • HIGHSPEC車検
  • お得なキャンペーン情報
  • ポルシェテスターPIWISⅡ完備
  • ポルシェスタッフブログ
  • ポルシェ整備入庫トピックス
  • 修理実績技術ファイル
  • キャリアカー・レッカー
  • カスタムスタイリングmaqspeed(マックスピード)
  • ポルシェ個人売買向けウェルカムメンテナンス
  • マリオットマーキーズ スタッフ募集!
  • ポルシェ並行車の車検修理整備も可能
  • レンタカーサービス
  • ツイッター
  • フェイスブック

No.067 ポルシェ カイエンS 955 警告灯点灯修理

  • ポルシェ カイエンS 955 警告灯点灯修理
  • ポルシェ カイエンS 955 警告灯点灯修理
  • ポルシェ カイエンS 955 警告灯点灯修理
エンジン、トラクション、トランスファ警告灯が点灯しているとの修理依頼です。
早速PIWISテスターにて診断をすすめていきます。各コントロールユニットに残されているエラーから原因を絞り込んでいきます。どうやら原因は複数ある訳でなく一つのようです。実測値等の確認しながら診断を進めていき原因が判明しました。今回の原因は加速度センサー故障でした。
これは車両に掛かるGを検知するセンサーで横滑り防止機能等に使用しています。
交換はセンターコンソール内部に取り付けられている為センターコンソールAssyを外して交換します。また交換後はテスターにて初期学習をしてやる必要があります。

No.065 ポルシェ ボクスター 991/996 チェックエンジンランプ点灯修理

  • ポルシェ 996 チェックエンジンランプ点灯修理
  • ポルシェ 996 チェックエンジンランプ点灯修理
  • ポルシェ 996 チェックエンジンランプ点灯修理
  • ポルシェ 996 チェックエンジンランプ点灯修理
エンジン警告灯が点灯し、エンジン不調もあるとの修理依頼です。
PIWISテスターにて車両チェックから始めます。エンジンECUには複数のエラーが入力されていましたがその中から間接的に入力されたエラーでなく直接原因になりえるものを絞っていきます。今回は症状とエラー内容からみてエアマスセンサーを疑っていきます。テスターにて実測値を確認、単体診断を行い原因を決定していきます。やはりエアマスセンサー不良で交換後はスムーズな回転を取り戻しました。

No.056 ポルシェ パナメーラ ターボ 時々エンジン不調修理 点検

  • ポルシェ パナメーラ エンジン不調修理
  • ポルシェ パナメーラ エンジン不調修理
  • ポルシェ パナメーラ エンジン不調修理
  • ポルシェ パナメーラ エンジン不調修理
走行中にエンジン不調、チェックランプ点灯にて修理依頼です。
早速ポルシェテスターPIWIS2にて診断開始です。パナメーラや新型カイエンではPIWISではなく新しいタイプのPIWIS2でのみ診断可能です。ECU内には燃焼不良を表すミスファイヤーエラーとガソリンを噴射するインジェクターの不良のエラーが入力されていました。インジェクター故障はポルシェの直噴エンジンでは割とあるトラブルですのでエンジン不調が出たタイミングで実測値を測定、診断の確度を高めていきます。今回の原因はやはりインジェクター。故障直噴エンジンの場合はVバンクの中に取付けられていますのでインマニを外しての交換になります。
ポルシェ911/997 ポルシェ911/996 ポルシェ911/993 ポルシェ911/964 ポルシェ911/930
ポルシェ ボクスター ポルシェ ケイマン ポルシェ パナメーラ ポルシェ パナメーラ ポルシェ 928


お問い合わせフォーム

板金メールフォーム

キャンペーンバナー