ポルシェ車検 故障 修理 匠の技ポルシェ整備ファクトリー マリオットマーキーズ

お問い合せはこちら
  • HIGHSPEC車検
  • お得なキャンペーン情報
  • ポルシェテスターPIWISⅡ完備
  • ポルシェスタッフブログ
  • ポルシェ整備入庫トピックス
  • 修理実績技術ファイル
  • キャリアカー・レッカー
  • カスタムスタイリングmaqspeed(マックスピード)
  • ポルシェ個人売買向けウェルカムメンテナンス
  • マリオットマーキーズ スタッフ募集!
  • ポルシェ並行車の車検修理整備も可能
  • レンタカーサービス
  • ツイッター
  • フェイスブック

No.115 ポルシェ 911/993 オイル漏れ チェック 修理

  • 993 オイル漏れ修理
  • 993 オイル漏れ修理
  • 993 オイル漏れ修理
  • 993 オイル漏れ修理
993 オイル漏れ修理
エンジンが温まってくると煙が出て焦げ臭いにおいがするとの事でご入庫いただきました。
漏れ箇所を特定するためリフトアップして診断すると定番のエンジンヘッドカバー及びチェーンケースカバーよりエンジンオイルが漏れているのを確認しました。
修理するために脱着するマフラーのボルトやナット、その他錆びている箇所が数か所ありましたので錆を磨ける箇所は磨いて、欠損している箇所は交換しています。
修理後、オイル漏れも焦げ臭さもしっかりと無くなりました。

No.113 ポルシェ 911 996型 カレラS オーバークール 点検 故障 修理

  • ポルシェ 911 996型 カレラS オーバークール
  • ポルシェ 911 996型 カレラS オーバークール
  • ポルシェ 911 996型 カレラS オーバークール
  • ポルシェ 911 996型 カレラS オーバークール
走行中、水温計の針が0度まで下がる。
走行中、水温計の針がいきなりストンと0度まで下がるということで、実際に走行テストを行い症状の再現を確認しました。
テスターを繋いでエラー項目を見てみると、サーモスタッド固着のエラー内容がありました。更に診断を進める為、サーモスタッドの脱着を行い単体点検を行うと開いたまま閉じない状態でした。更に点検中にウォーターポンプやアッパーホースから冷却水漏れがありましたので同時に修理を行いました。

No.112 ポルシェ ボクスター S ホーンが勝手に鳴る 点検 故障 修理

  • ポルシェ ボクスター ホーンが勝手に鳴る 点検  故障 修理
  • ポルシェ ボクスター ホーンが勝手に鳴る 点検  故障 修理
  • ポルシェ ボクスター ホーンが勝手に鳴る 点検  故障 修理
ホーンが勝手に鳴ってしまうという事でご入庫頂きました。
走行中に勝手にホーンが鳴ってしまうという事でご入庫いただきました。
実際に試運転を行うと、ハンドルを切った時や段差を乗り越えた時等にホーンが鳴ってしまう状況でした。
このような現象は、ステアリングに取り付けられているSRSエアバックユニットの奥にある、リテーニングプレートのブッシュが劣化してしまうことにより発生する現象です。
エアバックユニットを取り外し、リテーニングプレートを点検するとブッシュが捻じれてしまっており正常な位置に収まっていなかったことが原因でした。
新品部品と交換し作業完了です。

No.111 ポルシェ 911/997 カレラ エンジンルームより異音 点検 パワーステアリングオイル漏れ

  • ポルシェ 911/997 エンジンルームより異音 パワーステアリングオイル漏れ
  • ポルシェ 911/997 エンジンルームより異音 パワーステアリングオイル漏れ
  • ポルシェ 911/997 エンジンルームより異音 パワーステアリングオイル漏れ
  • ポルシェ 911/997 エンジンルームより異音 パワーステアリングオイル漏れ
エンジンルームより異音
エンジンルームから異音がするという事でご入庫いただきました997です。
早速異音の確認を行うと、エンジンルームからモーターが回るような音がしています。
異音の原因を探していくと、パワーステアリングポンプ周辺より異音が発生していました。
パワーステアリングフルードのオイル量を確認すると、下限値を下回っておりオイルにエアが噛んでしまっていることにより異音が発生していました。
リフトアップしオイル漏れ箇所を探してくと、パワーステアリングラック本体からオイル漏れを確認できましたので交換修理を行いました。

No.110 ポルシェ カイエンGTS 958 車検 冷却水漏れ 点検修理

  • ポルシェ カイエンGTS 958 車検 冷却水漏れ 点検修理
  • ポルシェ カイエンGTS 958 車検 冷却水漏れ 点検修理
  • ポルシェ カイエンGTS 958 車検 冷却水漏れ 点検修理
車検でご入庫頂きました。
走行後、エンジンルームから甘い臭いがするという事で、法定24か月点検と同時に原因点検をしました。
点検の結果、エンジンの後ろ側に付いているエンジンバイパスブリッジより冷却水漏れを確認しました。
この部品は、品番変更されており対策品となっていますので、今後の定番修理になる可能性があります。
気になる方はぜひ一度ご相談下さい。

No.108 ポルシェ カイエン ターボ S 走行中フロント廻りから異音

  • カイエン ターボ S 走行中フロント廻りから異音
  • カイエン ターボ S 走行中フロント廻りから異音
  • カイエン ターボ S 走行中フロント廻りから異音
走行中フロント廻りから異音が聞こえる
走行中に異音が聞こえるということで点検ご依頼です。
早速ロードテストを行ってみると確かに甲高い異音がフロント廻りから聞こえてきます。さらに左右からも別の異音があります。
車をリフトアップし、タイヤを空転させてみると、動力伝達のシャフトと左右のホイール周りから異音が確認出来ました。
タイヤを外しさらに確認すると、左右から聞こえていた異音の原因はブレーキパッドのシムプレートが破損しブレーキディスクに接触し発生している状態でした。
信用度の低い社外のブレーキパッドを前回のオーナーさんが使っていたようですがこれでは非常に危険で、最悪ブレーキが利かなくなる恐れが有ります。
パッドも偏摩耗していたのでパッドとシャフト交換を行い、再度ロードテストを入念に行い異音が無い事を確認し修理完了です。

No.106 ポルシェ 991/996 エアコン故障 つめたい風が出ない

  • ポルシェ 996 エアコン故障修理
  • ポルシェ 996 エアコン故障修理
  • ポルシェ 996 エアコン故障修理
  • ポルシェ 996 エアコン故障修理
エアコン冷たい風が出ない
エアコンを付けても冷たい風が出ないという故障です。
テスターやエアコンゲージ、エアコンガス漏れ用蛍光剤を使用して診断を進めて行くと、エアコンのエバポレーターの排水口から漏れたガスが出てきました。
エバポレーターを交換するには室内からアクセスしなければならず、インパネ廻りは全て脱着となります。
外していくとようやくエバポレーターのケースが見えてきます。通常はケースごとの交換になりますが今回はOEM品を使用し本体だけを交換しました。
交換後、真空引きを行い、ガスをチャージし冷風が出る事を確認し、漏れがないか確認を行います。

No.104 ポルシェ 911 カレラ 996型 下回り点検

  • ポルシェ 911 カレラ 996型 エンジンオイル漏れ
  • ポルシェ 911 カレラ 996型 エンジンオイル漏れ
  • ポルシェ 911 カレラ 996型 エンジンオイル漏れ
走行中下回りぶつけ点検
走行中下回りをぶつけてしまったとのことでご入庫いただきました。
早速リフトアップして点検すると縁石か何かにぶつけたのか、オイルパンの破損が確認出来ました。

ローダウン車でしたので段差に気を付ける必要があります。
オイルパンを脱着し996はガスケットでなくシール剤ですので古いシール剤を除去し新規にシールを塗布します。
交換後、走行テストを繰り返しオイル漏れがない事を確認し整備完了です。

No.103 ポルシェ 911/993 カレラ2 エンジンオイル漏れ 故障修理

  • ポルシェ 993 エンジンオイル漏れ 故障修理
  • ポルシェ 993 エンジンオイル漏れ 故障修理
  • ポルシェ 993 エンジンオイル漏れ 故障修理
  • ポルシェ 993 エンジンオイル漏れ 故障修理
駐車場にエンジンオイルが垂れた後があるという事でご入庫頂きました。
エンジンの洗浄をしてオイル漏れ点検を行うとエンジン各所よりオイル漏れが確認できました。
漏れていた箇所は、上下左右のヘッドカバーとタイミングチェーンケースでそこからマフラーやエキゾーストマニホールドにオイルが溜まり、エンジンをかけると焦げた臭いがしてきます。
エンジンオイルは可燃性の物質ですので、このままですと車両火災の危険性があります。修理作業では、各カバー類のパッキン交換を行います。
その際にはリアバンパーの他に、マフラーの遮熱板等を取り外す必要があり、時間がかかりますが外したついでに遮熱板も綺麗に洗浄します。
交換作業後、試運転を行い漏れが止まっている事を確認し作業完了となりました。

No.102 ポルシェ 911/996 冷却水漏れ 故障修理

  • ポルシェ 996 冷却水漏れ 故障修理
  • ポルシェ 996 冷却水漏れ 故障修理
  • ポルシェ 996 冷却水漏れ 故障修理
  • ポルシェ 996 冷却水漏れ 故障修理
エンジン冷却水が減るという事でご入庫頂きました。
エンジンの冷却水が減るという事でご入庫いただきました。各部の点検を行うと、エンジン上部からの冷却水漏れがありました。
目視では確認出来ない為、ファイバースコープを使用し点検するとオイルセパレーターから冷却水が漏れていることが確認できます。
オイルセパレーターは、インレットマニホールドよりも奥に取り付けられており車上では触ることが出来ませんのでエンジンを降ろして作業となります。
セパレーター廻りのウォーターホースも劣化が見られましたので同時に交換して後の対策も行います。最後にエンジンを載せてエア抜きを十分に行い作業完了です。
ポルシェ911/997 ポルシェ911/996 ポルシェ911/993 ポルシェ911/964 ポルシェ911/930
ポルシェ ボクスター ポルシェ ケイマン ポルシェ パナメーラ ポルシェ パナメーラ ポルシェ 928


お問い合わせフォーム

板金メールフォーム

キャンペーンバナー