ポルシェ車検 故障 修理 匠の技ポルシェ整備ファクトリー マリオットマーキーズ

お問い合せはこちら
  • HIGHSPEC車検
  • お得なキャンペーン情報
  • ポルシェテスターPIWISⅡ完備
  • ポルシェスタッフブログ
  • ポルシェ整備入庫トピックス
  • 修理実績技術ファイル
  • キャリアカー・レッカー
  • カスタムスタイリングmaqspeed(マックスピード)
  • ポルシェ個人売買向けウェルカムメンテナンス
  • マリオットマーキーズ スタッフ募集!
  • ポルシェ並行車の車検修理整備も可能
  • レンタカーサービス
  • ツイッター
  • フェイスブック

No.065 ポルシェ ボクスター 991/996 チェックエンジンランプ点灯修理

  • ポルシェ 996 チェックエンジンランプ点灯修理
  • ポルシェ 996 チェックエンジンランプ点灯修理
  • ポルシェ 996 チェックエンジンランプ点灯修理
  • ポルシェ 996 チェックエンジンランプ点灯修理
エンジン警告灯が点灯し、エンジン不調もあるとの修理依頼です。
PIWISテスターにて車両チェックから始めます。エンジンECUには複数のエラーが入力されていましたがその中から間接的に入力されたエラーでなく直接原因になりえるものを絞っていきます。今回は症状とエラー内容からみてエアマスセンサーを疑っていきます。テスターにて実測値を確認、単体診断を行い原因を決定していきます。やはりエアマスセンサー不良で交換後はスムーズな回転を取り戻しました。

No.062 ポルシェ 911/996 コンバーチブル作動不良修理

  • ポルシェ 911/996 コンバーチブル作動不良修理
  • ポルシェ 911/996 コンバーチブル作動不良修理
  • ポルシェ 911/996 コンバーチブル作動不良修理
  • ポルシェ 911/996 コンバーチブル作動不良修理
コンバーチブルが動かなかったり、動いても途中で止まってしまうとの修理依頼です。
まずは現象を確認します。確かにご依頼通りの症状が出ています。ではまずはポルシェテスターPIWIS2を使って診断していきます。コンバーチブルのコントロールユニットには幌の作動角を検知するセンサーのエラーが入力されていました。確かにテスター上で実測値を見ながら幌を動かしてみると止まる時にはこのセンサーの値がおかしくなっている事が確認できました。最後にセンサー本体が不良化を確かめるためにセンサーの目視点検、単体点検を行い本体不良が確実になりましたので診断完了です。作業はセンサーを交換し、学習値を再設定すれば無事復帰しました。
ポルシェ911/997 ポルシェ911/996 ポルシェ911/993 ポルシェ911/964 ポルシェ911/930
ポルシェ ボクスター ポルシェ ケイマン ポルシェ パナメーラ ポルシェ パナメーラ ポルシェ 928


お問い合わせフォーム

板金メールフォーム

キャンペーンバナー