ポルシェ車検 故障 修理 匠の技ポルシェ整備ファクトリー マリオットマーキーズ

お問い合せはこちら
ポルシェ車検修理トピックス
ポルシェ車検 ポルシェ修理はマリオットマーキーズへ

お問い合せ電話番号はこちら

ポルシェ車検 ポルシェ修理フォームはこちら

板金メールフォーム

キャンペーンバナー

ポルシェ整備 ちょっと宣伝になります


雨が続いています・・・・・・・。スカッと晴れ間がもう見たいです。

さて今回は趣向を変えてお知らせを少々。

今年、スーパーGT 300クラスにランボルギーニウラカンGT3で参戦しております、マーキーズ一押しのドライバー、横溝直輝選手が先日のレースからヘルメットを新調したとの情報があり、画像を見てみると!

マーキーズのロゴが大きく入っていますよ~~!

 

newhelmet

水分を補給する為の管や無線マイクのコードなど機能的に装着されていますね。

さすがはプロが使用する物ですね。「機能美」を感じます。

 

 

それともう一つ。マーキーズ9月のキャンペーンをまだまだ実施中です!!

大好評を頂きましたボディーリペア―キャンペーンですが

未だ多くのリクエストを頂いておりましたので

思い切ってまたやってますよーーー!!

 

キャンペーン

 

詳しくはホームページを見て頂くか、お気軽にスタッフまで

お問い合わせ下さい!!

 

ではまた次回です。

———————————————————

ポルシェの修理、車検整備はマリオットマーキーズへ!

https://www.porsche-seibi.jp/

tel:03-5600-2710

ポルシェ整備 カイエン 車検点検整備


IMG_7870

ポルシェ カイエン 車検でご入庫頂きました。

ポルシェ整備 カイエン 定期点検


IMG_0579

ポルシェ整備 カイエン 定期点検でご入庫頂きました。

ポルシェ整備 986 ボクスター 車検整備


986

ポルシェ整備 986 ボクスター 車検整備でご入庫頂きました。

ポルシェ整備 996 カレラ 板金塗装 ボディーリペア―


DSC_6286

ポルシェ整備 996 カレラ 板金塗装。ボディーリペア―でご入庫頂きました。

ポルシェ整備 997 カレラ 車検


DSC_6208

ポルシェ整備 997 カレラ 911 車検でご入庫頂きました。

ポルシェ整備 カイエンV6 エンジン不調


朝夕が寒く感じるようになってきました・・・・・・。

また私の苦手な季節が近ずいて来ているのが分かります・・・・・・・・。寒いのはイヤです・・・・・・・・・・。

 

さて今回はカイエンです。エンジンがブルブルと震えてチェックエンジンランプが点灯したとの事でご入庫頂きました。状況を確認すると確かにエンジンが震えており、吹け上がりもスムーズとは言えません。経験上の話にはなってしまいますが、感じとしては何処かのシリンダーが仕事をしていないのではと思いました。ここであれやこれやと手を出してしまわずに、システムテスターにて診断を開始します。事件が起きた現場を荒らさないのが捜査の鉄則!症状がはっきりしている間に原因を有る程度絞っていきます。

IMG_9045

 

システムテスターを繋ぎ故障コードを読み出しますと、1つのシリンダーに「ミスファイヤー」が発生しているとメモリーされています。いわゆる失火している状態とコントロールユニットは判断しているようです。また、現在発生中とも表示されました。実測値をチェックして行きますと確かにそのシリンダーが仕事をさぼっている数値が伺えました。ここからは人間の出番です。いくらテスターが故障コードを表示していても犯人を捕まえる為には証拠を掴まなければ真犯人を断定出来ません。まずは不具合の出ているシリンダーからの捜査に掛ります。失火しているとの情報が入っていますので、初動捜査としてスパークプラグとイグニッションコイルの点検から始めます。それでは外していきます・・・・・・・・・え?

なんと!イグニッションコイルがポッキリと折れていました。下の画像がそれです。これではスパークプラグは点火しません。なんなく容疑者を逮捕です・・・・・・・・・。しかしこれでは終わりません。あくまでも容疑者を確保しただけですので、次に確実な証拠固めを行います。正常なイグニッションコイルを発生現場に差し込み、システムテスターにて情報を取り直します。失火状態にあったシリンダーは仕事を再開し、エンジンの奮えも収まりました。これで真犯人が確定です。

IMG_9044

 

ちょっと分かりずらいのですが、こちらが失火状態箇所のプラグホールになります。真ん中がスパークプラグですが、その回りにコイルの折れた先が残されています。これを取り除くのが、実はなかなかの作業なんです。穴が細い上に深さも有るので、幾つも工具を駆使しての除去作業となります。

IMG_9047

経年とエンジンの振動により、疲労して折れてしまったと思われます。その他のコイルも同じ時間を経過していますので、全数交換をお勧めし、症状はすっかり改善されました。

 

今回は刑事風に進めてみました。また次回です。

———————————————————
ポルシェの修理、車検整備はマリオットマーキーズへ!
https://www.porsche-seibi.jp/
tel:03-5600-2710

ポルシェ整備 911 996 カレラ 点検


DSC_3271

ポルシェ整備 996 カレラ 定期点検でご入庫頂きました。赤いボディーが工場内に花を添えます!

ポルシェ整備 カイエン 車検


DSC_2859

ポルシェ カイエン 車検点検整備でご入庫頂きました。とても綺麗な車輌です。

ポルシェ整備 986 ボクスター


IMGP0067

ポルシェ整備 1年点検でご入庫頂きました。

 


  • ポルシェ車検 修理はマリオットマーキーズへ!
  • ポルシェスタッフブログ
  • ポルシェ整備入庫トピックス
  • ポルシェオーバーホール
  • ポルシェ水冷エンジン異音

  • マリオットマーキーズ スポンサード レースインフォメーション
  • カスタムスタイリングmaqspeed(マックスピード)
  • ポルシェ個人売買向けウェルカムメンテナンス
  • マリオットマーキーズ スタッフ募集!
  • ポルシェ並行車の車検修理整備も可能
  • レンタカーサービス
  • ツイッター
  • フェイスブック
  • ■BOSCH Car Service
    (BCS)認定ディーラー
  • ■外国自動車輸入協同組合(Faia)
    正規ディーラー 指定工場
  • ■国土交通省
    関東陸運支局認証工場
    第1-10912号 / 第1-11940号
  • ■古物商許可番号
    307739702610
  • ■走行メーター
    管理システム導入店
  • ■財団法人
    日本自動車査定協会
    査定業務実施店
  • ■社団法人
    日本自動車公正取引協議会加盟店


ポルシェ整備相談メールフォーム