ポルシェ車検 故障 修理 匠の技ポルシェ整備ファクトリー マリオットマーキーズ

お問い合せはこちら
ページトップへ
  • HIGHSPEC車検
  • お得なキャンペーン情報
  • ポルシェテスターPIWISⅡ完備
  • ポルシェスタッフブログ
  • ポルシェ整備入庫トピックス
  • 修理実績技術ファイル
  • ポルシェ販売
  • 入庫予約状況カレンダー
  • キャリアカー・レッカー
  • 輸入車高級代車
  • マリオットマーキーズ スポンサード レースインフォメーション
  • カスタムスタイリングmaqspeed(マックスピード)
  • ポルシェ個人売買向けウェルカムメンテナンス
  • マリオットマーキーズ スタッフ募集!
  • ポルシェ並行車の車検修理整備も可能
  • カーボンドアミラー
  • レンタカーサービス
  • ツイッター
  • フェイスブック

No.086 ポルシェ911/996 カレラ エンジン冷却水漏れ 車検修理

  • ポルシェ 911 996 カレラ エンジン冷却水漏れ修理
  • ポルシェ 911 996 カレラ エンジン冷却水漏れ修理
  • ポルシェ 911 996 カレラ エンジン冷却水漏れ修理
ポルシェ 911 996 カレラ エンジン冷却水漏れ修理
車検でご入庫いただいたポルシェ996カレラです。
特に気になるところはないという事でしたが点検を進めて行きますとウォーターポンプから冷却水漏れが発生している事が分かりました。
修理件数が多くなってきた事例でもあります。ウォーターポンプはファンベルトで駆動されています。
不具合が進行すると最悪の場合は大きな修理を要する事に繋がりますので、早めの発見と修理が無駄な出費を抑えます。
今回の作業実施時には、同時にサーモスタットや周りのホース類の交換を行いました。

No.085 ポルシェ911/996 AT AT変速ショック点検修理

  • ポルシェ996 AT AT変速ショック点検修理
  • ポルシェ996 AT AT変速ショック点検修理
ポルシェ996 AT、変速ショック有り
まずは試運転により症状の確認を行いますと、冷感時に変速ショックが感じられました。

オイルの量を見てみますとやや少ない状態でした。症状の原因として考えられるのは内部故障、およびオイル量不足、オイルの劣化が考えられます。

内部故障の場合はミッションAssy交換になることが多いです。まずは不足しているATオイルを変えてみることから進めていきます。
作業を進めていくとATオイルフィルターが外れていることがわかりました。これはオイルを吸う量が少なくなってしまうので症状の原因として考えられます。
ポルシェ996ターボのミッションはメルセデスベンツ製の物を使用しています。まれにこのフィルターが外れており不具合がある事例もありますので、まずはここから整える作業をオススメします。

ATオイルもエンジンオイルなどに比べると性質が特殊なことも有り、低走行でも交換はオススメです。今回はオイル等の交換後に試運転を行ったところショックが軽減され症状に改善が見られたため一度様子を確認を見ていただく運びとなりました。大きな故障を事前に防ぐためにも小さな箇所を治すのがロングライフの秘訣です。

No.079 ポルシェ 911/996 ラジエター電動ファン交換

  • ポルシェ911 カレラ 996ラジエター電動ファン交換
  • ポルシェ911 カレラ 996ラジエター電動ファン交換
  • ポルシェ911 カレラ 996ラジエター電動ファン交換
  • ポルシェ911 カレラ 996ラジエター電動ファン交換
ラジエター電動ファン交換
今回はお客様のご要望により電動ファンの交換を致しました。フロントバンパーの左右にラジエターがありその裏に電動ファンが付いています。 電動ファンはエンジンとエアコンのコントロールユニットどちらからも制御が入り作動するシステムです。昔のように2~3段階で回転数が変化するのではなく、無段階で状況に合わせ回転をします。 電動ファンを交換後、システムテスターを使用して作動チェックを行い、実際にエンジンを温めてファンが正しく作動した事を確認して作業完了です。

No.077 ポルシェ 911/996 ターボ エンジンがかからない点検

  • ポルシェ 911 996ターボ スターターモーターが動かず
  • ポルシェ 911 996ターボ スターターモーターが動かず
スターターモーターが動かずエンジンがかからないとの事です。
車検整備でご入庫いただきました996ターボになります。バッテリーが上がっていないのにスターターが回らない時があるという症状です。早速点検を進めますと、スターター直前までの電源は来ていることがわかりましたので、原因はスターターモーター本体で有る事がわかりました。スターター交換後は症状も収まりましたが、予防策としてスターターリレーも同時に交換を行いました。996ターボエンジンはNAエンジンに比べ比較的スターターモーターにはアクセスしやすくなっています。

No.074 ポルシェ 911/996 ターボ 1年点検 冷却水漏れ

  • ポルシェ 911/996 ターボ 1年点検 冷却水漏れ
  • ポルシェ 911/996 ターボ 1年点検 冷却水漏れ
  • ポルシェ 911/996 ターボ 1年点検 冷却水漏れ
  • ポルシェ 911/996 ターボ 1年点検 冷却水漏れ
冷却水漏れがあるとのご依頼です。
車両の点検を進めていきます。冷却ラインを加圧していきますが、冷却水が垂れてはきません。かすかにフロントラジエーター付近から甘い匂いがしています。確認の為フロントホイールを外しホイールハウスカバーめくるとラジエーター本体より、滲み出ている事が確認できましたので、ラジエーター交換になります。交換にはフロントバンパーの脱着必要です。

No.066 ポルシェ 911/996 カレラ 冷却水漏れ修理

  • ポルシェ 996 カレラ 冷却水漏れ修理
  • ポルシェ 996 カレラ 冷却水漏れ修理
  • ポルシェ 996 カレラ 冷却水漏れ修理
  • ポルシェ 996 カレラ 冷却水漏れ修理
冷却水が減るとの修理依頼です。
冷却水回路に圧を掛けて診断スタートです。今回は漏れ量も酷かったのでリフトアップすると即原因判明です。原因はブローバイセパレーターと呼ばれるパーツ。エンジン本体のトラブルを除くと一番厄介な部分ですね。理由はエンジン奥に付いている為交換にはエンジンを降ろす必要があります。今回はエンジンを降ろし、原因のブローバイセパレーターと付属ホースを交換して作業完了です。

No.065 ポルシェ ボクスター 991/996 チェックエンジンランプ点灯修理

  • ポルシェ 996 チェックエンジンランプ点灯修理
  • ポルシェ 996 チェックエンジンランプ点灯修理
  • ポルシェ 996 チェックエンジンランプ点灯修理
  • ポルシェ 996 チェックエンジンランプ点灯修理
エンジン警告灯が点灯し、エンジン不調もあるとの修理依頼です。
PIWISテスターにて車両チェックから始めます。エンジンECUには複数のエラーが入力されていましたがその中から間接的に入力されたエラーでなく直接原因になりえるものを絞っていきます。今回は症状とエラー内容からみてエアマスセンサーを疑っていきます。テスターにて実測値を確認、単体診断を行い原因を決定していきます。やはりエアマスセンサー不良で交換後はスムーズな回転を取り戻しました。

No.062 ポルシェ 911/996 コンバーチブル作動不良修理

  • ポルシェ 911/996 コンバーチブル作動不良修理
  • ポルシェ 911/996 コンバーチブル作動不良修理
  • ポルシェ 911/996 コンバーチブル作動不良修理
  • ポルシェ 911/996 コンバーチブル作動不良修理
コンバーチブルが動かなかったり、動いても途中で止まってしまうとの修理依頼です。
まずは現象を確認します。確かにご依頼通りの症状が出ています。ではまずはポルシェテスターPIWIS2を使って診断していきます。コンバーチブルのコントロールユニットには幌の作動角を検知するセンサーのエラーが入力されていました。確かにテスター上で実測値を見ながら幌を動かしてみると止まる時にはこのセンサーの値がおかしくなっている事が確認できました。最後にセンサー本体が不良化を確かめるためにセンサーの目視点検、単体点検を行い本体不良が確実になりましたので診断完了です。作業はセンサーを交換し、学習値を再設定すれば無事復帰しました。

No.059 ポルシェ 911/996 冷却水漏れ修理

  • ポルシェ 911/996 カレラ4 冷却水漏れ
  • ポルシェ 911/996 カレラ4 冷却水漏れ
  • ポルシェ 911/996 カレラ4 冷却水漏れ
  • ポルシェ 911/996 カレラ4 冷却水漏れ
冷却水を補充してもすぐに減ってしまうとの修理依頼です。
早速リフトアップ、アンダーカバーを取り外し診断していきます。996の場合はリアエンジン、フロントラジエターという構成上非常に冷却水回路が長いです。 その分漏れ個所も多岐にわたります。診断は冷却水回路に圧をかけその状態で漏れ個所の断定をしていきます。今回の漏れ個所はエンジンのブローバイセパレーター、エンジンから発生するガスを冷却する装置ですが、取り付け場所が厄介でエンジンを降ろさないと交換できません。作業はエンジン、ミッションを丸ごと降ろし交換作業を行います。

No.053 ポルシェ 911 996 カレラ クラッチ交換作業

  • ポルシェ 911 996 クラッチ交換
  • ポルシェ 911 996 クラッチ交換
  • ポルシェ 911 996 クラッチ交換
  • ポルシェ 911 996 クラッチ交換
クラッチ交換の修理依頼です。
今回定期点検にてご入庫頂きました。オイル漏れ等と共に距離を考慮しクラッチ交換をご提案させて頂きました。A/Tに比べ故障の少ないマニュアルミッションで一番の整備ですね。 乗り方によってかなり変化しますが、大体5万キロ位が限界ラインです。実際に摩耗が進んで滑りが出始めると、滑ることで更にクラッチディスクを痛める事になりあっという間に自走出来なくなってしまいます。ですので今回の様にある程度距離で判断し先手で交換しておくのがベストですね。交換はもちろんミッションを降ろして行います。
ポルシェ911/997 ポルシェ911/996 ポルシェ911/993 ポルシェ911/964 ポルシェ911/930
ポルシェ ボクスター ポルシェ ケイマン ポルシェ パナメーラ ポルシェ パナメーラ ポルシェ 928


お問い合わせフォーム