ポルシェ車検 故障 修理 匠の技ポルシェ整備ファクトリー マリオットマーキーズ

お問い合せはこちら
  • HIGHSPEC車検
  • お得なキャンペーン情報
  • ポルシェテスターPIWISⅡ完備
  • ポルシェスタッフブログ
  • ポルシェ整備入庫トピックス
  • 修理実績技術ファイル
  • キャリアカー・レッカー
  • カスタムスタイリングmaqspeed(マックスピード)
  • ポルシェ個人売買向けウェルカムメンテナンス
  • マリオットマーキーズ スタッフ募集!
  • ポルシェ並行車の車検修理整備も可能
  • レンタカーサービス
  • ツイッター
  • フェイスブック

No.102 ポルシェ 911/996 冷却水漏れ 故障修理

  • ポルシェ 996 冷却水漏れ 故障修理
  • ポルシェ 996 冷却水漏れ 故障修理
  • ポルシェ 996 冷却水漏れ 故障修理
  • ポルシェ 996 冷却水漏れ 故障修理
エンジン冷却水が減るという事でご入庫頂きました。
エンジンの冷却水が減るという事でご入庫いただきました。各部の点検を行うと、エンジン上部からの冷却水漏れがありました。
目視では確認出来ない為、ファイバースコープを使用し点検するとオイルセパレーターから冷却水が漏れていることが確認できます。
オイルセパレーターは、インレットマニホールドよりも奥に取り付けられており車上では触ることが出来ませんのでエンジンを降ろして作業となります。
セパレーター廻りのウォーターホースも劣化が見られましたので同時に交換して後の対策も行います。最後にエンジンを載せてエア抜きを十分に行い作業完了です。

No.074 ポルシェ 911/996 ターボ 1年点検 冷却水漏れ

  • ポルシェ 911/996 ターボ 1年点検 冷却水漏れ
  • ポルシェ 911/996 ターボ 1年点検 冷却水漏れ
  • ポルシェ 911/996 ターボ 1年点検 冷却水漏れ
  • ポルシェ 911/996 ターボ 1年点検 冷却水漏れ
冷却水漏れがあるとのご依頼です。
車両の点検を進めていきます。冷却ラインを加圧していきますが、冷却水が垂れてはきません。かすかにフロントラジエーター付近から甘い匂いがしています。確認の為フロントホイールを外しホイールハウスカバーめくるとラジエーター本体より、滲み出ている事が確認できましたので、ラジエーター交換になります。交換にはフロントバンパーの脱着必要です。

No.070 ポルシェ ボクスター 986 冷却水漏れ修理

  • ポルシェ ボクスター 986
  • ポルシェ ボクスター 986
  • ポルシェ ボクスター 986
エアコンの風が全く出ないとの修理依頼です。
エアコン故障では大きく3つに分かれ「冷風が出ない・温風が出ない・風が出ない」になります。今回は風が出ないトラブルですね。現車はスイッチ操作を行うとエアコンパネルの表示は変化しますが、温度を変えても風量を変えても全く風が出ない状態です。まずはPIWISテスターを使用して診断を開始します。エラーコードの読み取りを行いましたが、コード入力はありませんでした。次いで実測値や入力信号などを確認するとユニット自体は正常に作動しているようです。ここからは構成部品の単体をチェックをして原因を絞っていきます。
ブロワーモーターはグローブボックス裏手にある為、グローブボックス脱着作業が必要となります。モーター直前のコネクターには電源電圧がしっかりと掛っている事が判明しましたので、風を作り出すブロアモーター本体の内部回路断線と判断が出来ました。今回はお客様との相談の上、中古パーツにて交換修理を行いました。コントロールユニットなどの高価な装置の不具合でなかった為、お客様もホッとされたと思います。

No.059 ポルシェ 911/996 冷却水漏れ修理

  • ポルシェ 911/996 カレラ4 冷却水漏れ
  • ポルシェ 911/996 カレラ4 冷却水漏れ
  • ポルシェ 911/996 カレラ4 冷却水漏れ
  • ポルシェ 911/996 カレラ4 冷却水漏れ
冷却水を補充してもすぐに減ってしまうとの修理依頼です。
早速リフトアップ、アンダーカバーを取り外し診断していきます。996の場合はリアエンジン、フロントラジエターという構成上非常に冷却水回路が長いです。
その分漏れ個所も多岐にわたります。診断は冷却水回路に圧をかけその状態で漏れ個所の断定をしていきます。今回の漏れ個所はエンジンのブローバイセパレーター、エンジンから発生するガスを冷却する装置ですが、取り付け場所が厄介でエンジンを降ろさないと交換できません。作業はエンジン、ミッションを丸ごと降ろし交換作業を行います。

No.057 ポルシェ カイエン 955 ターボ 冷却水漏れ オーバーヒート

  • ポルシェ カイエン 955 ターボ オーバーヒート冷却水漏れ修理
  • ポルシェ カイエン 955 ターボ オーバーヒート冷却水漏れ修理
  • ポルシェ カイエン 955 ターボ オーバーヒート冷却水漏れ修理
  • ポルシェ カイエン 955 ターボ オーバーヒート冷却水漏れ修理
走行中にオーバーヒートし冷却水不足警告灯が点灯したとの修理依頼です。
診断を進めていきます。冷却水のリザーブタンクには既に一滴も冷却水が入っていない状態でしたので、まずは冷却水を補充してみます。すると入れた量と同じ分だけ直ぐに下に垂れてくる様な状態です。これは大きな冷却水漏れがあるという事です。リフトアップし漏れ個所を探しますが、エンジンから滴ってくるのですが原因は目視できません。そうなると怪しいのはインマニ下の冷却水パイプです。ターボモデルを含めV8カイエンでは定番のトラブルです。診断の為インマニを外すとやはりバックリ樹脂製のパイプが割れていました。メーカーから樹脂製を金属性に変える対策品が供給されていますので、今回はその対策金属パイプに交換して作業完了です。

No.052 ポルシェ カイエン 957 冷却水漏れ修理 リザーブタンク交換

  • ポルシェ カイエン 957
  • ポルシェ カイエン 957
  • ポルシェ カイエン 957
  • ポルシェ カイエン 957
冷却水漏れと警告灯点灯にて修理依頼です。
早速診断を始めます。まずは冷却水不足の警告灯が実際に起きているのか?誤作動なのかを確認します。冷却水量を確認するとかなり減っていましたので何処からか漏れがある可能性が高いです。次いで冷却水システムに専用ツールを使いテスト圧を掛けていきます。するとリザーブタンクから漏れ出てきました。原因はここで間違いありませんが念のためその他の不良個所をさがします。不良個所はリザーブタンクのみでしたのでタンク本体を交換して作業完了です。カイエンは新型、旧型問わずリザーブタンクの交換が大変です。周囲をグルット外していく必要があり手間がかかります。

No.043 カイエン 958 冷却水漏れ修理

  • カイエン/958
  • カイエン/958
  • カイエン/958
  • カイエン/958
 
冷却水漏れにて修理依頼です。
 
冷却水漏れにて御入庫でしたのでリフトアップし診断を進めていきます。新型カイエンなのでまだ走行距離も少ないですがよくよく点検していくとリザーブタンクとその接続ホースからタラタラと漏れています。またリザーブタンクにも小さなクラックが見られましたのでどちらも交換にて修理しました。

No.026 996 冷却水漏れ

 
冷却水が漏れているとの修理依頼です。
 
リフトアップし点検開始です。996は後部にエンジン、前部にラジエターというレイアウトですので冷却水回路が非常に長く、点検の難度も高いです。しかし今回は漏れの量も多かったこともあり早々に発見する事が出来ました。原因はLLCリザーブタンクからによるものでした。交換はエンジン、フレームを降下させスペースを作り作業するので手間がかかります。
ポルシェ911/997 ポルシェ911/996 ポルシェ911/993 ポルシェ911/964 ポルシェ911/930
ポルシェ ボクスター ポルシェ ケイマン ポルシェ パナメーラ ポルシェ パナメーラ ポルシェ 928


お問い合わせフォーム

板金メールフォーム

キャンペーンバナー