ポルシェ車検 故障 修理 匠の技ポルシェ整備ファクトリー マリオットマーキーズ

お問い合せはこちら
ポルシェ車検修理トピックス
ポルシェ車検 ポルシェ修理はマリオットマーキーズへ

お問い合せ電話番号はこちら

ポルシェ車検 ポルシェ修理フォームはこちら

板金メールフォーム

キャンペーンバナー

ポルシェ整備 パナメーラ 970 冷却水漏れ修理


コートのボタンを外す事が多くなってきました。当社からほど近い公園の桜はつぼみが大きくなりもうすぐ開花の装いです。楽しみです!

さて今回のポルシェ修理は、パナメーラになります。車検点検整備でご入庫頂きました。故障の少ないイメージのパナメーラですが、デビューしてから数年が経ち、距離数の伸びと共に少々の劣化や傷みが目についてきました。

 

設計の基本レイアウトが似ている為にカイエンとそっくりのエンジンですが中身は別物です。排気量が大きい事も有りますが、非常にパワーのあるエンジンです。私的にはV8エンジンと言えば928が直ぐに頭に浮かんでしまいますが、同じV8でも全くフィーリングが違い、パナメーラのV8エンジンは吹け上がりが軽いというのが第一印象でした。

 

さて、点検を進めていきますと少し前にご紹介した事例と同じ故障が発生していました。ラジエターホースの冷却水漏れです。ホースから滲み出した冷却水の流れた跡がしっかりと残っていました。現状はたいした事がなく見えますが、症状の悪化は加速度的に進みますので今回は早期発見が出来た事になります。

 

こうしてしっかりと点検を受ける事がお出掛け先のトラブルを防止する最大の予防法になりますので、車検の取得だけを目的とするユーザー車検やクイック車検がお勧め出来ない理由がここに有ります。

 

ではまた次回です。

—————————————————
ポルシェの修理、車検整備はマリオットマーキーズへ!
https://www.porsche-seibi.jp/
tel:03-5600-2710

ポルシェ整備 970 パナメーラ ホーン交換


前回の引き続きになります。冷却水漏れの他にホーンの不鳴りが有り、どちらもフロントバンパーの脱着作業を要しますので、同時進行で作業を進めて行きました。

IMG_5358

 

ホーンは低音と高音の音色に分けて響かせる事で遠くまで音が飛ぶようになっています。片側だけしかならないと、なんとも腰砕けな音に聞こえます。メーカーが音質を拘っている面も有るかと思います。

IMG_5360

 

高音側と低音側のホーンは左右に振り分けられて取り付けされています。音が前に飛ぶようにラッパの部分が進行方向真っ直ぐに取り付けされていますが、走行中の水やホコリが入り易いという面も有る為、ホーン自体の故障が少なく有りません。交換した時は少し角度を変えてあげると長持ちする場合が有ります。

IMG_5361

 

前回の記事でご紹介したラジエターホースです。ゴムホース部分だけの部品設定は無く、この形でデリバリーされて来ます。ジョイント部分は樹脂製になりますので、劣化が進むとヒビ割れなど起こす可能性が有る為にこういったタイミングで交換しておくのがベストでは有ります。

IMG_5362

 

漏れている箇所はやはりホースに編み込まれている糸から染み出している状況でした。

IMG_5363

 

前回も書きましたが、今後増えて行く事例になると予想出来ます。やはりポルシェは専門店で点検や整備を行う事をお勧めします。こういった事に気が付かないで走行を続け、出先で立ち往生とならない為にもです。

ではまた次回です。

———————————————————
ポルシェの修理、車検整備はマリオットマーキーズへ!
https://www.porsche-seibi.jp/
tel:03-5600-2710

ポルシェ整備 970 パナメーラ 冷却水漏れ修理


本日は雪が降り、寒い一日となっています。皆様、体の調子を崩されませんように。

さて今回は970 パナメーラのご入庫です。車検点検整備でご来店頂きました。パナメーラは油脂類やブレーキ等の消耗品や定期交換部品をケアする位で故障の少ない車種のイメージが強いのですが、車検3回目ともなりますと少々の故障が見受けられるようになって来ました。

IMG_5211

 

車検点検を進めて行きますと、フロント側に位置するラジエターホースから冷却水漏れが発生している事が分かりました。乾燥して結晶化した冷却液がビッシリと付着しています。流れた痕跡も見られますので、滲みの域では有りません。状況からするとホース自体の劣化が原因のようです。

IMG_5216

 

冷却水のホースは内圧力に耐えなければなりませんので、ゴムが伸び過ぎない様にホース内側のゴムと外側のゴムとの間に糸が入っている構造になっています。ホースを輪切りに切断すると断面に糸が見えます。今回の状況としては、ホースが経年劣化で痩せた事によりホースバンドの締め付けが緩んだか、内側のゴムが硬化してヒビ割れを起こし、糸を伝って冷却水が染み出てきてしまっていると思われます。乾燥するほどの時間を掛けての事ですので恐らく糸から漏れている方が濃厚です。

ホース交換を行えば修理は完了しますが、沢山の冷却水ホースが使用されていますので今後も同様の漏れが発生してもおかしくは有りません。定期的にチェックする事をお勧めしました。今後、増えて行く事例になって行きそうです。

 

ではまた次回です。

———————————————————
ポルシェの修理、車検整備はマリオットマーキーズへ!
https://www.porsche-seibi.jp/
tel:03-5600-2710

ポルシェ パナメーラ ATオイル漏れ


車検点検整備でご入庫頂きました、パナメーラです。点検を進めて行きますとオートマミッションにオイル漏れが発生しているのが分かりました。パナメーラが登場したのが2009年でした、まだ新しいモデルのイメージが抜けませんが、実際はこの様に修理が必要な箇所が出て来ているのが現実です。

DSC_5378

ミッションのオイルパンと呼ばれる部分です。黒いトレーの様な部分がそれです。ミッション本体との境目がオイルで湿っていますね。境目にはガスケットが入っていますが、ヘタって来るとこの様にオイルが染み出てきます。オイルパンの取り付けボルトを増し締めしてみる手も有りますが、一時凌ぎに過ぎませんので、やはりここはしっかりと修理を行うのが転ばぬ先の杖となります。
DSC_5379

オイルパンボルトの増し締めでは済まない理由がもう一つ有ります。こちら、ミッション内部と外の配線を繋ぐコネクター部分です。実はここが一番漏れている箇所になります。お分かりのようにオイルが滴になっています。ミッション内部からコネクターソケットが出て来ており、ソケットにはOリングが取り付けられシールされています。経年によりOリングもヘタリ、シール性が低下してしまっていました。
DSC_5377

コネクター部から漏れ出たオイルがオイルパンに伝わり、オイルパンが派手に漏れているように見えていました。こういった所も見逃さずに点検と整備を行わないと、オイルパンガスケットだけ交換した場合、いつまでも漏れが収まらない状態になります。修理代の無駄を招きます。やはりポルシェは専門店に任せるのがベストですね。
DSC_5380

オイルパンガスケットの交換とコネクターOリングの交換を行い、無事にオイル漏れは止まりました。これで安心安全にポルシェをお楽しみ頂けますね。

ではまた次回です。

———————————————————
ポルシェの修理、車検整備はマリオットマーキーズへ!
https://www.porsche-seibi.jp/
tel:03-5600-2710

ポルシェ整備 パナメーラ


IMG_1313

ポルシェ整備 パナメーラ 異音修理でご入庫頂きました

ポルシェ整備 パナメーラ


DSC_5381

ポルシェ整備 パナメーラ 異音修理でご入庫頂きました。

ポルシェ パナメーラ エアサス修理


ここのところ本当に天気が不安定で、晴れてたのに急に雨になったり、雪が降ったりと予測がつきづらいですね。寒いのには変わり無いので早く温かくならないかと願うばかりです。

さて今回はパナメーラです。乗車しようとしたら、いつのまにか車高が落ちてしまっていたとの事でレッカーにてご来店頂きました。早速、診断です。入庫頂いた時は既にエアサスの作動は不能でしたので、まずは何とかリフトに載せて足廻りの点検です。オーナー様のお話しでは大きな段差を乗り越えた時に破裂音のようなものが耳に入った記憶が有るが、走行中の事で良く分からなかったそうです。そのようなお話しも我々には重要な情報源。車両をリフトアップしてすぐに分かりました。

IMG_5854

なんと、リフトを上げたらエアサスが外れてきてしまいました。

IMG_5857

通常はこの様に収まっているはずなんです。

IMG_5860

取り外して、新品と並べてみました。左側のエアサスを良く見てみますと破裂して破けています。

IMG_5862

これは車高をモニターしているセンサーです。車高が落ち過ぎてしまった為なのか、エアサスがパンクした時に壊れたのか、センサーのロッドが折れてしまっています。

IMG_5864

新品のセンサーと並べるとロッドが折れているのが分かりやすいと思います。エアサスが不動になった原因の一つです。

IMG_5866

エアサスとセンサーを交換し無事に復帰しました。今回はレアなケースではあると思いますが、やはり段差には気を付けるという事に尽きるお話しでした。

ではまた次回です。

———————————————————
ポルシェの修理、車検整備はマリオットマーキーズへ!
https://www.porsche-seibi.jp/
tel:03-5600-2710

パナメーラ エンジン不調!


ポルシェ パナメーラ エンジン不調修理です。チェックエンジンランプが点灯し、吹け上がりがなめらかで無い症状でした。PIWISテスターにて診断を行うとインジェクター不良がフォルトメモリーとして残っている状態です。これはズバリな故障記録と考えれば、それはそれでいいのですが、逆にそれ以外の情報が残っていないのが不自然に思えました。

IMGP1447

ここで重要な思考は、テスターの情報が全て正しい訳では無いという事です。診断をする上ではこのテスター情報が樹海への入り口になりかねません。故障情報はあくまでも情報の一部でしか無く、症状を解読するのはそれをみた技術者が行わなければなりません。ですので、なぜその故障コードが記録されたのかを解読する事が故障解消への正しい歩み方となる訳です。

IMGP1830

今回は、ズバリの方だと判断出来ましたので、後は証拠をつかみに作業に掛ります。エンジン中央のインテークマニホールドを外し、Vバンクに有るインジェクターを問題の出ていない気筒と入れ替えをしてみました。再度、システムテスターを接続して実測値と作動状態、故障コードを読み取ります。結果は、故障とモニターしている気筒番号が入れ換わりましたので、原因はインジェクターで有る事が確定しました。

IMGP1826

早速、部品を取り寄せ、交換作業にかかります。交換後は勿論、快調を取り戻しました!

こちらが、そのインジェクターです。直噴式になり、空冷時代のものよりスリムになったイメージですね。

IMGP1829

こういった感じで取り付けがされています。やはりポルシェ。配線のまとめ方からして美しい・・・・・・・。

IMGP1827

つい見とれてしまいました・・・・・・・・・・。

ポルシェの修理は、マーキーズにお任せください!!

それでは、また次回です~~。

———————————————————
ポルシェの修理、車検整備はマリオットマーキーズへ!
https://www.porsche-seibi.jp/
tel:03-5600-2710


  • ポルシェ車検 修理はマリオットマーキーズへ!
  • ポルシェスタッフブログ
  • ポルシェ整備入庫トピックス
  • ポルシェオーバーホール
  • ポルシェ水冷エンジン異音

  • マリオットマーキーズ スポンサード レースインフォメーション
  • カスタムスタイリングmaqspeed(マックスピード)
  • ポルシェ個人売買向けウェルカムメンテナンス
  • マリオットマーキーズ スタッフ募集!
  • ポルシェ並行車の車検修理整備も可能
  • レンタカーサービス
  • ツイッター
  • フェイスブック
  • ■BOSCH Car Service
    (BCS)認定ディーラー
  • ■外国自動車輸入協同組合(Faia)
    正規ディーラー 指定工場
  • ■国土交通省
    関東陸運支局認証工場
    第1-10912号 / 第1-11940号
  • ■古物商許可番号
    307739702610
  • ■走行メーター
    管理システム導入店
  • ■財団法人
    日本自動車査定協会
    査定業務実施店
  • ■社団法人
    日本自動車公正取引協議会加盟店


ポルシェ整備相談メールフォーム