ポルシェ車検 故障 修理 匠の技ポルシェ整備ファクトリー マリオットマーキーズ

お問い合せはこちら
ポルシェ車検修理トピックス
ポルシェ車検 ポルシェ修理はマリオットマーキーズへ

お問い合せ電話番号はこちら

ポルシェ車検 ポルシェ修理フォームはこちら

板金メールフォーム

キャンペーンバナー

ポルシェ整備 986 ボクスター 油圧計不良修理


寒くなってきましたね。私も通勤にはコートを着るようになりました。個人的には苦手な季節になりますが、寒さにやられないようにしたいと思います。

さて、少々宣伝になりますが、当社HPに新しいサイトページがアップされました!空冷エンジンはもとより、最近では水冷エンジンのトラブルも多く耳にするようになりましたので、当社で行って来た事例をご紹介する形でページを作成しました。また、内容が関連したブログ記事も一緒に見られますので、是非覗いてみて下さい!

topheader2

HPにバナーが有りますので、こちらをクリック!又は下記URLからご覧下さい!

top-menu-overhaul

https://www.porsche-seibi.jp/repair/eg_oh.html

 

では本題になります。油圧計の針が跳ねる動きをしたり、落ちたままになってしまう症状が有るとの事で点検を行いました。今回の車輌は986ボクスターになりますが、カイエンとパナメーラ以外のモデルでは共通するトラブルになります。症状が出る原因は、メーター自体が不良の場合も有りますが、ほとんどが油圧センサーの故障です。下の画像がそのセンサーになります。これは空冷エンジンから変わらず使用され続けています。オイルプレッシャーセンサーとも呼ばれます(そのまんまですね・・・・)。私はドラえもんの鈴と呼んでいますが・・・・・・・・。

IMGP4609

 

エンジンのタペットカバーに設けられた油圧経路に取り付けられています。センサー上部に配線が2本ついていますが、電極の+と-では有りません。一本はメーターから、もう一本はエンジンコントロールユニットから電気が流れてきます(+)。センサーを通り、エンジンでボディーアース(-)されます。センサーは油温により内部抵抗値を変化させますので、電気の流れる量により油圧計の針が動く仕組みになっています。内部抵抗に問題が発生し始めると針が踊り出すという事になります。

IMGP4483

エンジンのコントロールユニットも油圧を情報の1つとしてモニターをしています。また、センサーの付け根にはシールリングが付いていますが、オイル漏れの発生率が高い場所でも有りますので、センサーに不具合が無くてもタイミングを見て交換しておいた方が万全です。

ではまた次回です。

———————————————————
ポルシェの修理、車検整備はマリオットマーキーズへ!
https://www.porsche-seibi.jp/
tel:03-5600-2710


  • ポルシェ車検 修理はマリオットマーキーズへ!
  • ポルシェスタッフブログ
  • ポルシェ整備入庫トピックス
  • ポルシェオーバーホール
  • ポルシェ水冷エンジン異音

  • マリオットマーキーズ スポンサード レースインフォメーション
  • カスタムスタイリングmaqspeed(マックスピード)
  • ポルシェ個人売買向けウェルカムメンテナンス
  • マリオットマーキーズ スタッフ募集!
  • ポルシェ並行車の車検修理整備も可能
  • レンタカーサービス
  • ツイッター
  • フェイスブック
  • ■BOSCH Car Service
    (BCS)認定ディーラー
  • ■外国自動車輸入協同組合(Faia)
    正規ディーラー 指定工場
  • ■国土交通省
    関東陸運支局認証工場
    第1-10912号 / 第1-11940号
  • ■古物商許可番号
    307739702610
  • ■走行メーター
    管理システム導入店
  • ■財団法人
    日本自動車査定協会
    査定業務実施店
  • ■社団法人
    日本自動車公正取引協議会加盟店


ポルシェ整備相談メールフォーム