ポルシェ車検 故障 修理 匠の技ポルシェ整備ファクトリー マリオットマーキーズ

お問い合せはこちら
ポルシェ車検修理トピックス
ポルシェ車検 ポルシェ修理はマリオットマーキーズへ

お問い合せ電話番号はこちら

ポルシェ車検 ポルシェ修理フォームはこちら

板金メールフォーム

キャンペーンバナー

2015.12.24.

ポルシェ整備 996エンジン修理


年内最後の記事になります。ご入庫頂きましたお客様も、この記事を読んで頂いている方も、ありがとうございました!来年も宜しくお願い致します!

今回は年内最後という事で、興味深い事例をお送り致します。車輌は996の後期タイプになります。エンジンから異音がするとの事でご入庫頂きました。音の質は少し高めの打音です。油圧タペット故障と良く似た音です。

異音の出ている箇所を探っていくと、エンジンヘッドの辺りから聞こえてくるようでしたので、油圧タペットを脱着し点検しました。判断が付けずらい状態でしたが、まずはタペットを交換してみないと先に進むべきかの判断も出来ませんでしたので、油圧タペットを交換して様子を見る事にしました。

交換後、エンジンを始動してみると・・・・・・・・・・・・音は止まりませんでした・・・・・・。では、エンジンの分解です!

エンジンを分解して行くと、ようやく原因がはっきりとしました。その原因が下の画像です。これはピストンですね。

IMG_1209

 

左が正常なピストンです。並べると違いが分かりますね。

IMG_1210

 

分解したシリンダーブロックです。

IMG_1212

 

先程のピストンが入るシリンダーです。ピストン同様の傷が入っています。

IMG_1213

 

こちら、正常な状態のシリンダーです。綺麗ですよね。

IMG_1214

 

打音の原因は、なんらかのきっかけでピストンの首を振る動きが大きくなり、シリンダーとピストン双方で削り合い、クリアランスを広げ、更に首を振る動作が大きくなり、更に削り合い・・・・・・・・・・・。の繰り返しが打音となって聞こえてきたわけです。

FullSizeRender

 

こうなってしまう理由はいくつか有りますが、定期的にエンジンを掛けてあげる事と、年に一度は走行距離が伸びていなくても、オイル交換をしてあげる事で、かなり防止出来ます。オイルは良質なものである事も重要です。

それではこの1年、ありがとうございました!また来年お会い致しましょう!!

 

———————————————————
ポルシェの修理、車検整備はマリオットマーキーズへ!
https://www.porsche-seibi.jp/
tel:03-5600-2710


ポルシェ車種別 修理実績
ポルシェ911/997 ポルシェ911/996 ポルシェ911/993 ポルシェ911/964 ポルシェ911/930
ポルシェ ボクスター ポルシェ ケイマン ポルシェ パナメーラ ポルシェ パナメーラ ポルシェ 928
  • ポルシェ車検 修理はマリオットマーキーズへ!
  • ポルシェスタッフブログ
  • ポルシェ整備入庫トピックス
  • ポルシェオーバーホール
  • ポルシェ水冷エンジン異音

  • マリオットマーキーズ スポンサード レースインフォメーション
  • カスタムスタイリングmaqspeed(マックスピード)
  • ポルシェ個人売買向けウェルカムメンテナンス
  • マリオットマーキーズ スタッフ募集!
  • ポルシェ並行車の車検修理整備も可能
  • レンタカーサービス
  • ツイッター
  • フェイスブック
  • ■BOSCH Car Service
    (BCS)認定ディーラー
  • ■外国自動車輸入協同組合(Faia)
    正規ディーラー 指定工場
  • ■国土交通省
    関東陸運支局認証工場
    第1-10912号 / 第1-11940号
  • ■古物商許可番号
    307739702610
  • ■走行メーター
    管理システム導入店
  • ■財団法人
    日本自動車査定協会
    査定業務実施店
  • ■社団法人
    日本自動車公正取引協議会加盟店

ポルシェ整備相談メールフォーム