ポルシェ車検 故障 修理 匠の技ポルシェ整備ファクトリー マリオットマーキーズ

お問い合せはこちら
ページトップへ

おすすめ交換箇所

近年のポルシェは、コンピューターが走っていると言っていいほど電子化が進み、数多くのコントロールユニットを搭載し各センサー類・モーター類など数え切れないぐらい電子制御されております。しかしながら、専用テスターを使用している整備工場は数少ない状況です。
マーキーズではディーラーで使用している故障診断機と同じ、ポルシェ専用テスターPIWIS 1」「PIWIS 2」を完備。993、928、997などはもちろん、ニューカイエン、パナメーラなどの新型車種までオールポルシェ対応可能です。

板金修理の流れ

板金塗装の修理事例紹介

ポルシェ996  板金塗装
修理イメージ
修理イメージ
修理イメージ

こちらは真っ白なボディの996。画像ではなかなか見づらいですが、かなり悪質ないたずらキズを入れられていました。左のフェンダー部分、そしてドア中央部分からリヤパネルに渡っての長い線キズです。オーナー様もかなり落ち込んでいらっしゃいました。幸いキズ自体は薄いものでしたので、下地処理を丁寧に施し、左側のフェンダー・ドア・リヤパネル一式を塗装。その他の細かいキズも一緒に直しましたので、新車のようにキレイなボディに甦りました。

ポルシェ928  板金修理塗装
修理イメージ
修理イメージ

大切にお乗りになっているオーナー様の928。左ドアに8cm程の太い線キズ2本が、よく見ると結構深く付いてしまっていました。板金工場によっては穴とみなし交換修理となりそうですが、今回は板金修理でクリア。

ポルシェ996  板金塗装
修理イメージ
修理イメージ

フロントバンパーに15cmほどの線キズを入れられてしまった、ということでご相談でご来店いただいたお客様。
以前ディーラーでも同じようないたずら傷の修理をしたことがあるそうですが、その時の修理代が高かったらしく、今回の見積もりを見て「良心的なお値段で安心しました。すぐに修理お願い致します!」とそのままご入庫となりました。左ドアミラーに凹みがあり、こちらも同時修理。数日後ご納車の際の仕上がりにも大変満足していただきました。

ポルシェ993  板金塗装
修理イメージ
修理イメージ
修理イメージ

ポルシェ993です。こだわりの一台ですので、細かい傷も見逃しません!フロントバンパー、リアバンパーに小さい傷あり。 板金塗装で綺麗になりました。

ポルシェ930  板金塗装
修理イメージ
修理イメージ
修理イメージ

930型の白のポルシェです。とてもお車を大事にされているお客様です。部品交換よりも、オリジナル性を重視した、板金修理をご希望されました。右リアクオーター部の板金塗装です。 交換は簡単ですが、板金塗装は高い技術を要します。お客様にも満足していただける、クオリティの高い仕上がりとなりました。

ポルシェカイエン  板金塗装
修理イメージ

ポルシェカイエンです。リアゲートをバック時にぶつけてしまいました。SUV系は後ろが見えにくい時があります。この凹みはかなり大きく、デントでは修理がむずかしいため板金塗装にて対応いたしました。こちらのお客様は、今回の修理のときに、一緒にバックカメラの装着もご依頼いただきました!

ポルシェ928  板金修理
修理イメージ
修理イメージ

ポルシェ928、リアバンパーに凹みがありました。こちらは板金修理にて対応させていただきました。

ポルシェ996  フロントバンパー交換
修理イメージ

996型のポルシェです。駐車場のブロックに気付かず、フロントバンパーを擦りつけてしまいました。今回は、ご自分のご加入されている保険対応にてご修理をご希望でしたので、フロントバンパーを1本交換いたしました。ポルシェともなりますと、部品代も安くはありません。ぜひ、一般車輌での保険ご加入をおすすめします。マーキーズでは、損保ジャパンの保険代理業務も扱っておりますので、お気軽にご相談ください。万が一の事故のときは、修理から保険交渉まですべて対応させていただきます。

お問い合せはこちら

お問い合わせフォーム