ポルシェ車検 故障 修理 匠の技ポルシェ整備ファクトリー マリオットマーキーズ

お問い合せはこちら
  • HIGHSPEC車検
  • お得なキャンペーン情報
  • ポルシェテスターPIWISⅡ完備
  • ポルシェスタッフブログ
  • ポルシェ整備入庫トピックス
  • 修理実績技術ファイル
  • キャリアカー・レッカー
  • マリオットマーキーズ スポンサード レースインフォメーション
  • カスタムスタイリングmaqspeed(マックスピード)
  • ポルシェ個人売買向けウェルカムメンテナンス
  • マリオットマーキーズ スタッフ募集!
  • ポルシェ並行車の車検修理整備も可能
  • カーボンドアミラー
  • レンタカーサービス
  • ツイッター
  • フェイスブック

No.093 ポルシェ ボクスター 986 車検点検整備

車検点検整備でご入庫頂きました。ドライブシャフトブーツ切れ 修理

ポルシェ986ボクスターです。法定24ヵ月点検を実施していくと
ドライブシャフトのジョイントブーツに大きな亀裂が入っている事が判明しました。
切れて間もないのか内部グリスは飛び散ってはいない状況でしたが、この状態は保安基準外となる為に車検の取得が出来ませんので修理が必要となります。
ボクスターのドライブシャフトは取り外すのに手数が多い部類の車両となり少し時間を要します。
ドライブシャフト単体を外し、分解を行いジョイントブーツの交換が可能となりますので、シャフトを外してからも手数が必要な作業です。


No.088 ポルシェ ボクスター 986 車検 スパークプラグ交換

  • ポルシェ ボクスター 986 スパークプラグ交換
  • ポルシェ ボクスター 986 スパークプラグ交換
  • ポルシェ ボクスター 986 スパークプラグ交換
ポルシェ ボクスター 986 車検 スパークプラグ交換
車検でご入庫頂いたポルシェボクスター986です。車検整備と一緒にスパークプラグの交換を行いました。
スパークプラグはメーカーで4年又は8万キロにて交換するように指定されている部品です。
また今回は劣化がみられるイグニッションコイルも同時に交換を行いました。
スパークプラグは、高電圧により強力な火花を飛ばす事で混合気に点火を行い燃焼爆発をさせエンジンに動力を発生させる重要な部品です。
スパークプラグやイグニッションコイルが劣化していると、ミスファイア等のエンジン不調の原因となりますので定期的にチェックを行う事が必要です。

No.082 ポルシェ ボクスター 986 ホーン故障

  • ポルシェ ボクスター 986 ホーン故障
  • ポルシェ ボクスター 986 ホーン故障
  • ポルシェ ボクスター 986 ホーン故障
車検でご入庫頂いたポルシェ ボクスター 986です。
車検でご入庫いただき、エンジンや足回りの他にライト回りや警笛装置の点検も行います。
点検の結果、ホーンの片側の音が出ていないことがわかりました。
ホーンには高音側と低音側が有り、同時に鳴らす事でホーンの効果を高めています。ホーン単体を見てみると、錆が進行しておりアンダーカバーの隙間から水が浸入し、ホーンを錆びさせた事が
原因となっていました。
フロントバンパーを脱着し、ホーン交換後作動に異常がないことを確認し作業完了です。

No.078 ポルシェ カイエン車検 水漏れ修理 並行車

  • ポルシェ カイエン車検 水漏れ修理 並行
  • ポルシェ カイエン車検 水漏れ修理 並行
  • ポルシェ カイエン車検 水漏れ修理 並行
車検でご入庫された並行輸入のカイエンです。
法定24か月点検に加えマーキーズ独自の点検を行っていきます。点検の結果、インテークマニホールド裏の冷却水ホースからの水漏れがある事がわかりました。
冷却水の漏れは保安基準不適合となるだけでなく、オーバーヒートなどの原因となりますので修理が必要となります。
ホースの交換にはインテークマニホールドの脱着が必要となります。ホースを交換後、試運転を行い車検を取得致しました。並行輸入車の車検取得や修理も安心してお任せください。

No.076 ポルシェ 911/997 カレラ エンジン水漏れ修理

  • ポルシェ 997 カレラ エンジン水漏れ修理
  • ポルシェ 997 カレラ エンジン水漏れ修理
  • ポルシェ 997 カレラ エンジン水漏れ修理
エンジン水漏れ修理 車検でご入庫された997です。
点検の結果、冷却水のリザーブタンクとエア抜きバルブより冷却水漏れが発生していました。
ポルシェを含め、輸入車の多くは密閉式の冷却回路となっていてリザーブタンクに圧力が掛ります。
その為に経年や劣化が進むと硬化したリザーブタンクにクラックが入り冷却水漏れを引き起こします。
997のウィークポイントを熟知したマーキーズでは、要チェック箇所となっています。

No.075 ポルシェ ボクスター 986 車検整備

  • ポルシェ ボクスター 986 車検整備
  • ポルシェ ボクスター 986 車検整備
  • ポルシェ ボクスター 986 車検整備
  • ポルシェ ボクスター 986 車検整備
車検で入庫したボクスターです。
早速隅々まで点検を行った結果、フロントショックのバンプラバーが劣化し、割れていました。
この状態で、走行すると大きな段差などで底突きを起こしてしまう可能性が有ります。
劣化は目で見てわかりますので、劣化が酷くなる前に交換を行い、ショックアブソーバーの保護をして下さい。

後の修理費用を抑える事にも繋がります。

No.048 ポルシェ 911/996 ブレーキホース交換作業

  • ポルシェ911/996
  • ポルシェ911/996
  • ポルシェ911/996
ポルシェ911(996) 車検にてご入庫です。
診断を進めていくとやはりそれなりの年数がたっている為、各所劣化箇所がありました。お客様と良く打ち合わせし作業箇所を決定していきます。今回特に気になった所はブレーキホース、ブレーキ
油圧を伝える重要なホースです。細かなヒビがありましたので交換させていただきました。ブレーキホースに関しては漏れてしまうとブレーキが一気に効かなくなりますので、そうなる前にある程度の年数、距離で交換しておくのがベストです。

No.030 カイエン オイル漏れ修理

 
車検にて御入庫です。
 
法定23ヵ月点検に沿って点検を進めていくとエンジン一番上タペットカバーよりオイル漏れが見つかりました。放置すると高温のエキマニに触れ最悪発火の恐れもある部分です。交換にはエンジン上を覆っているインマニを外す必要があり時間がかかる作業になります。

No.025 996車検整備

 
車検整備で御入庫です。
 
車検整備で御入庫です。点検を進めていくと灯火類のハイマウントランプのLEDが一粒不点灯でした。これでは車検基準に合格できませんので交換を行いました。LED基盤は基本的に非分解なのでAssy交換になります。
ポルシェ911/997 ポルシェ911/996 ポルシェ911/993 ポルシェ911/964 ポルシェ911/930
ポルシェ ボクスター ポルシェ ケイマン ポルシェ パナメーラ ポルシェ パナメーラ ポルシェ 928


お問い合わせフォーム

板金メールフォーム

キャンペーンバナー