ポルシェ車検 故障 修理 匠の技ポルシェ整備ファクトリー マリオットマーキーズ

お問い合せはこちら
ページトップへ
  • HIGHSPEC車検
  • お得なキャンペーン情報
  • ポルシェテスターPIWISⅡ完備
  • ポルシェスタッフブログ
  • ポルシェ整備入庫トピックス
  • 修理実績技術ファイル
  • ポルシェ販売
  • 入庫予約状況カレンダー
  • キャリアカー・レッカー
  • 輸入車高級代車
  • マリオットマーキーズ スポンサード レースインフォメーション
  • カスタムスタイリングmaqspeed(マックスピード)
  • ポルシェ個人売買向けウェルカムメンテナンス
  • マリオットマーキーズ スタッフ募集!
  • ポルシェ並行車の車検修理整備も可能
  • カーボンドアミラー
  • レンタカーサービス
  • ツイッター
  • フェイスブック

No.085 ポルシェ911/996 AT AT変速ショック点検修理

  • ポルシェ996 AT AT変速ショック点検修理
  • ポルシェ996 AT AT変速ショック点検修理
ポルシェ996 AT、変速ショック有り
まずは試運転により症状の確認を行いますと、冷感時に変速ショックが感じられました。

オイルの量を見てみますとやや少ない状態でした。症状の原因として考えられるのは内部故障、およびオイル量不足、オイルの劣化が考えられます。

内部故障の場合はミッションAssy交換になることが多いです。まずは不足しているATオイルを変えてみることから進めていきます。
作業を進めていくとATオイルフィルターが外れていることがわかりました。これはオイルを吸う量が少なくなってしまうので症状の原因として考えられます。
ポルシェ996ターボのミッションはメルセデスベンツ製の物を使用しています。まれにこのフィルターが外れており不具合がある事例もありますので、まずはここから整える作業をオススメします。

ATオイルもエンジンオイルなどに比べると性質が特殊なことも有り、低走行でも交換はオススメです。今回はオイル等の交換後に試運転を行ったところショックが軽減され症状に改善が見られたため一度様子を確認を見ていただく運びとなりました。大きな故障を事前に防ぐためにも小さな箇所を治すのがロングライフの秘訣です。

No.069 ポルシェ ボクスター 986 冷却水漏れ修理

  • ポルシェ ボクスター 986
  • ポルシェ ボクスター 986
  • ポルシェ ボクスター 986
  • ポルシェ ボクスター 986
冷却水を足しても足しても減ってしまうとの修理依頼です。
早速診断開始。冷却水が減る場合は殆どが漏れてるか、エンジン内部で消費してしまっているかの大きく分けて2つの原因が考えられます。 リフトアップして確認すると既に漏れた冷却水が乾いた跡が盛大に残っています。 これを辿って漏れ個所に当たりを付けます。後は冷却水回路に圧力を掛けて実際に漏れてくる事を確認出来れば診断完了です。しかし今回は漏れ個所が重症でした。
エンジンの中心部分の非常に重要なパッキン、ヘッドガスケットから漏れていました。 交換にはエンジンを降ろし、シリンダーヘッドAssyを脱着して交換していきます。

No.044 ケイマン 987 オイル漏れ修理

  • ケイマン/987
  • ケイマン/987
  • ケイマン/987
オイル漏れにて修理依頼です。
診断を始めていきます。リフトに上げて各所確認していくと早速漏れ箇所を発見です。今回の場所はエンジンのタペットカバー、通常のエンジンですと一番上に付く部分ですが水平対向のポルシェではエンジンの両端に取り付けられています。作業はマフラー、触媒などを外して下から進めていきます。外したタペットカバーは丁寧に清掃、面だしを行い組み付けていきます。

No.035 911/997 カレラ オイル漏れ修理

  • 911/997 カレラ
  • 911/997 カレラ
  • 911/997 カレラ
  • 911/997 カレラ
 
オイル漏れにて修理依頼です。
 
リフトアップし点検を進めていくと見つけました。ティプトロオイルパンかオイル漏れです。996型はよく漏れる定番箇所でしたが997ではあまり見ない漏れ故障です。発売から年数も経ってきましたのでこれから徐々に増えるかもしれませんね。作業はオイルパンパッキンの交換、まらメンテナンスも含めティプトロ オイルを全交換して作業完了です。ちなみにティプトロはベンツで製造されておりベンツマークの入ったプレートが貼られています。

No.030 カイエン オイル漏れ修理

 
車検にて御入庫です。
 
法定23ヵ月点検に沿って点検を進めていくとエンジン一番上タペットカバーよりオイル漏れが見つかりました。放置すると高温のエキマニに触れ最悪発火の恐れもある部分です。交換にはエンジン上を覆っているインマニを外す必要があり時間がかかる作業になります。

No.028 カイエンオイル漏れ修理

 
1年点検にて御入庫です。
 
1年点検にて御入庫でしたので弊社専用車種別点検シートに準じて各所点検していきます。今回は消耗品の交換とブレーキ回りの整備を行いました。パッド残量が1.5mm程度しかなく危険な状態でした。同時に摩耗していたディスクローターも交換して作業完了です。残量1.5mmでしたがパッドセンサーによる警告は出ていませんでした。
ポルシェ911/997 ポルシェ911/996 ポルシェ911/993 ポルシェ911/964 ポルシェ911/930
ポルシェ ボクスター ポルシェ ケイマン ポルシェ パナメーラ ポルシェ パナメーラ ポルシェ 928


お問い合わせフォーム